このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる日差し・外からの視線を解決!小窓におすすめの「カフェカーテン」

カフェカーテン

限られた空間でも光を取り込める小窓。
トイレやキッチンのほかにも、最近は縦長の小窓なども増えています。
お部屋を明るくしてくれて開放感もあり、外から見てもおしゃれですよね。

でも、いざ暮らし始めてから小窓のカーテン選びに悩んだことはありませんか?
今回はそんなお悩みを解決する、小窓にぴったりのカーテンをご紹介します。

 

目次

小窓でこんなお悩みはありませんか?

「日差しが眩しくてお部屋が暑い!」

窓があると明るいのですが、その分日差しが入ります。
何もしないままだと夕方西日が眩しかったり、紫外線もそのままなので
フローリングや家具の日焼けにもつながってしまいます。

今の季節は特に暑さも困りますよね。
せっかくエアコンをつけても、日差しでなかなか効率よく冷やせないのは家計にも優しくありません。

「外からの視線が気になる・・・」

住宅地や道路に面している場合、角度によってはお部屋の中が丸見えなんてことも。
特に夜は、明るいお部屋の中が外からよく見えてしまいます。
小窓と言ってもプライバシーはきちんと守りたいですよね。

「ぴったりのサイズが売っていない」

カーテンをつけるには小さいし手間もかかるし、
かといって量販店に売っているような既製の小窓用カーテンでは
サイズもなかなか合わないのではないでしょうか。

こういったお悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、
オーダーカフェカーテンです。

 

小窓にぴったりの「カフェカーテン」とは

お手軽・リーズナブルなカフェカーテン

カフェカーテンとは、つっぱり棒やポールを通せるように
上部を袋状に縫製したカーテンのことです。

主にトイレやキッチンなどの小窓に使われることが多いですが
こまごまとしたものが多くなる場所では、
窓だけでなく収納棚の目隠しとしても使われます。

そのままのフラットな状態で生地のデザインを楽しんだり、
くしゅっと生地を寄せてふわふわ感を楽しんだり。

レールをつける手間もいらず、取付もお洗濯もとっても楽ちん。
なんといっても簡単でお値段もリーズナブルなのが良いところ!
模様替えも簡単にできるので、季節によって生地を変えてみたりするのも楽しいかもしれません。

 

「でもいざつけるとなると、どんな生地がいいの?」

そんな疑問もわかりやすく解決するために
いろんなタイプのカフェカーテンを画像付きでご紹介していきます。

 

カフェカーテンの実用例

8つの実用例を画像でご紹介

光をたくさん取り込みたいならレース、目隠し重視なら厚地がおすすめ。

生地をたっぷり寄せたりそのままフラットにしてデザインを楽しんだり、
カーテンやシェードと組み合わせればより機能的に。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

トルコレース「スパンコール」のカフェカーテン

星のスパンコールがかわいいトルコレースのカフェカーテン。生地をたっぷり寄せれば目隠し効果もUPします。上部にフリルができるステッチタイプなら華やかさもばっちり!エレガントな雰囲気がお好きな方には、繊細な刺繍が特徴のトルコレースがおすすめです。

「Mフロート」のカフェカーテン

北欧好きさんにはこちら!紫陽花のような柄が可愛い「Mフロート」のカフェカーテン。上下をあける場合、生地の面積は2/3くらいがおすすめ。かさばらないフラットなカフェカーテンは、すっきりさせたいキッチンや家電まわりの小窓にぴったりです。

こんな小さい窓にもぴったり。こちらはトルコレース「ロジック」のカフェカーテン。

こんな小さい窓にもぴったりサイズ。こちらは裾のスカラップが可愛らしいトルコレース「ロジック」のカフェカーテン。無機質な印象ががらっと変わりますね。

北欧ブランドalmedahlsの生地「イタリエンスク」のカフェカーテンをキッチンに。外から見ても素敵ですね。

北欧ブランドalmedahlsの生地「イタリエンスク」のカフェカーテンをキッチンに。カラフルな生地は外から見ても素敵ですね!

marimekko「ミニウニッコ」で作った縦長のカフェカーテン。タペストリーのようにお気に入りのデザインを思いっきり楽しめます♪

marimekko「ミニウニッコ」で作った縦長のカフェカーテン。勝手口や縦長小窓も、ぴったりサイズにすればタペストリーのようにお気に入りのデザインを楽しめます♪

 

こんな組み合わせや使い方も!

トルコレース「はなはな」のカフェカーテン

窓を覆うようにカーテンを設置し、内側にトルコレース「はなはな」のカフェカーテンをつけています。総刺繍のデザインはかわいいだけではなく、目隠し効果もよりUP。

北欧生地「メツァ」のカフェカーテン

北欧デザイン「メツァ」のカフェカーテンを間仕切りとして。インテリアとしても楽しめ、さらに冷暖房の効率も良くなりますよ。

シェードカーテンとレースのカフェカーテンの組み合わせ。すっきりとした印象になりますね。

シェードカーテンとレースのカフェカーテンの組み合わせ。厚地のシングルシェードを窓枠の外に取り付け、窓枠の中にカフェカーテンをつけています。シェードを降ろしてしまえばすっきりとした印象に。

シェードカーテン商品一覧はこちら

今回ご紹介したカフェカーテンはこちらからご覧いただけます

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、気になる日差しや外からの視線を遮り、
おしゃれに小窓を飾れる「カフェカーテン」についてご紹介しました。

アイデア次第で目隠しになったり間仕切りになったり、インテリアとしても楽しめますよ。

 

カーテンズのカフェカーテンは、カーテンと同じように豊富な生地からお好きなものを選んでサイズも1㎝単位で購入できるのがポイント。
なかなか既製では難しい縦長の窓にもぴったり合わせられます。

ラインナップもいろいろ。
外から見えにくい・遮熱加工など機能性のあるレース
刺繍が美しいトルコレース
marimekko等大人気の北欧ブランド生地 など、選べる生地は500種類以上!
小窓・カフェカーテン

 

また、カーテンズではカーテンとカフェカーテンをお揃いの生地で作ることもできるんです。お部屋をトータルコーディネートして、さらにおしゃれにインテリアを楽しんでみてくださいね。

カーテン通販【Curtains】

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

  • 関連する記事はありません。