このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしカーテン、色別の選び方

一人暮らしカーテン、色別の選び方

一人暮らしをする際に、間違った家具の配置や色使いをすると、部屋に圧迫感を与えてしまいます。特にカーテンの色使いは重要です。

今回は一人暮らしの方のために、カーテンの色の選び方についてまとめました。

カーテンには狭い部屋を広く見せるような色を選ぶ

一人暮らしには狭い部屋がつきものですよね。部屋全体の色使いや家具の位置などに気を付けないと、部屋に圧迫感を与えてしまいかねません。

ただでさえ狭い部屋が、さらに狭く感じてしまうのです。これでは快適な一人暮らしとはいえません。

一人暮らしを快適にするためのポイントは、この狭い部屋をいかに広く見せるかです。

部屋の面積そのものを変えることはもちろん不可能ですが、家具の色使いやコーディネートによって、広く見せることができるのです。

家具の中でも重要な役割を果たすカーテンの色の選び方についてみていきましょう。

カーテンの色の選び方

カーテンの色によって、部屋全体の雰囲気がガラリと変わります。

せっかくいい家具をそろえても、カーテンの色が合っていなければ、部屋の印象が悪くなってしまいます。

では、カーテン色の選び方にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

ポイント1:カーテンと家具の系統をそろえる

WAVESALADサラダシリーズ

カーテンの色を選ぶ際には、他の家具との相性が大切です。これから家具を選ぶということは、どのような系統の家具を買うのかを決めて、カーテンの色を選ぶよいでしょう。

例えば、木のぬくもりを感じさせる色や材料が使われた家具 (テーブルやテレビ台など)を揃えたい場合、カーテンも家具と調和するような茶色系の色を選びましょう。そうすることで、部屋全体の雰囲気を統一させることができます。

ポイント2:壁の色に合わせる

サシコ

快適な一人暮らしのコツは、部屋を広く見せることです。家具の配置や高さは試行錯誤しても、カーテンの色にまで気を使う方は少ないのではないでしょうか。

カーテンと壁の色を合わせることで窓周辺の印象を柔らかくなり、部屋が広くなったように感じますよ。

特に、白や明るい色の家具やカーテンは部屋を広く見せるのでおすすめです。

ポイント3:カーテンの柄は控えめに

一人暮らしをするような狭い部屋では、カーテンの柄の選び方にも注意が必要です。

あまりにも派手な柄のカーテンを選んでしまうと、部屋に圧迫感を与えてしまいます。これでは部屋が狭く感じてしまい、逆効果です。

狭い部屋では、大きな柄のカーテンは避けましょう。

ポイント4:ストライプやボーダーで部屋が広く

CodaコーダDDintex

派手すぎる柄や模様は逆効果ですが、ストライプ・ボーダーのカーテンには部屋を広く見せる効果があります。

ストライプは部屋を縦長に、そしてボーダーは部屋を横長に見せてくれます。もちろん派手な色使いのものは使わないようにしましょう。

補足:カーテンをアクセントに

部屋を広く見せるという目的にはかなわないかもしれませんが、派手な色や柄のカーテンは部屋のアクセントとして使うことができます。

まず、部屋に置いてある雑貨などと統一したアクセントカラーを決めましょう。そして、そのアクセントカラーをカーテンに取り入れてみてください。

統一感の中にもメリハリのある部屋にすることができますよ。

カーテンに悩んでいるならカーテンズを

カーテンには部屋全体の雰囲気や広さを左右する、重要な働きがあります。一人暮らしの方は、部屋を広く見せるようなカーテンを選びましょう。

今回ご紹介した色の選び方を参考にすれば、どのようなカーテンを選べばよいのか、おのずとわかってくると思います。

カーテンズは、豊富な色とサイズのカーテンをそろえています。一人暮らしにもぴったりなカーテンがすぐに見つかるはずです。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事