このエントリーをはてなブックマークに追加

腰高窓に使うカーテンの選び方

腰高窓に使うカーテンの選び方

カーテンの選び方に困らないのが腰高窓です。腰高窓に使えるカーテンは、掃き出し窓用よりも制約が少ないためです。

では、どういうサイズや種類のカーテンが、腰高窓に合うのでしょうか?

カーテンを使う窓の種類

カーテンのサイズの測り方などは、窓の種類によって違ってきます。つまり、カーテンの選び方は、窓の種類によって異なるということです。

掃き出し窓

下枠と床面が同じ高さにある大型の窓。ゴミを掃き出せるから「掃き出し窓」という名前です。ベランダや庭に面する壁でよく使われています。

ガラスの面積が大きいため、目隠しになる大型のカーテンが欠かせません。カーテン以外では、縦型のスラットを使ったバーチカルブラインドが向いています。

腰高窓

下枠が床面から1メートルほど、大人の腰の高さぐらいにあるのが「腰高窓」です。「中間窓」とも呼ばれます。

掃き出し窓よりもガラス面積が小さいため、カーテンの選択肢の幅がグッと広がります。

出窓

腰高窓を壁面の外に張り出させたのが「出窓」です。西洋住宅でよく見られる様式で、カウンターの部分には物を置くことができます。出っ張りの形は長方形や台形、三角形などがあります。

腰高窓用カーテンのサイズの選び方

腰高窓に使うカーテンのサイズは、どう決めればいいのでしょうか?

横幅は掃き出し窓と同じです。カーテンレールの両端にある固定ランナーの間隔を測り、この数字を1.03~1.05倍したものが理想のサイズになります。

丈は掃き出し窓と違います。カーテンレールのランナーの下端から窓の下枠までの距離に、15~20センチを足したものが理想のサイズになります。

窓よりも下に垂らすのは、光が漏れないようにするためです。床まで垂らしてもかまいません。同じ部屋にある掃き出し窓とおそろいのカーテンにするのなら、こうしたほうが統一感はとれます。

腰高窓の周りに家具があるときは?

窓を背に家具を置いているときは、カーテンがかからないようにします。窓の周りの状況に応じて、丈の長さを決めてください。

腰高窓向きの特殊なカーテン

掃き出し窓よりも腰高窓のほうが、カーテンの選び方が幅広くなるというのは、先に触れたとおりです。では、どういうスタイルのものが腰高窓に合うのでしょうか?

シェード

シェード

すだれのように、カーテン生地を上下させるのがシェードです。シェードは平らな生地を使っていて、カーテンレールが不要です。

一般によく使われるのがプレーンシェードです。紐で生地を上げていくと、平行に重なって畳まれていきます。他には、生地に複数のバーを通したシャープシェードがあります。

シェードのデメリットは、カーテンよりも値段が高めで、手入れが面倒になることです。

スクリーン

ロールスクリーンは、スクリーンを棒に巻き取って昇降させるものです。ロールブラインドという呼び方もあります。

プリーツスクリーンは、生地にヒダがついています。和紙タイプのものは、和室によく合います。

スクリーンの操作方法は、プルコード式やチェーン式などがあります。

ブラインド

細長い羽板(スラット)を重ねたのがブラインドです。カーテンの生地ではなく、アルミや木が使われています。腰高窓に合うのは横型のブラインドです。

カーテン

スカラップコスモスアーチ型

カーテンの役割よりもデザインにこだわるのなら、装飾性の高いスタイルカーテンがおすすめです。カーテンなら生地に制約がありませんし、年配の方でも簡単に扱えます。

腰高窓に合うカーテンの豊富な品ぞろえ

腰高窓に使うカーテンは、丈のサイズが掃き出し窓よりも短くなります。生地の量が少なくなれば値段も安くなるので、思い切ってシェードやスクリーンを選ぶのも楽しいですね。

カーテンの通販専門店であるカーテンズは、今回紹介した物すべてをそろえています。

カーテンだけでなく、スクリーンやブラインドもサイズを自由にオーダーできます。ぜひ、カーテンズで腰高窓に合うカーテンを見つけてください。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事