このエントリーをはてなブックマークに追加

幅で決める!カーテンの選び方

幅で決める!カーテンの選び方

カーテンの選び方でまず大事なのは、サイズ(幅と丈)を間違わないことです。

カーテンの幅は窓枠ではなく、カーテンレールで決めます。カーテンの開け方もしっかりと考えて選びましょう。

カーテンのサイズの重要性

カーテンを選ぶ前に必ずやっておきたいのが、必要なサイズを把握しておくことです。

カーテンの横幅と丈の長さは、購入時に一番大事な情報とも言えます。サイズがわかっていれば、予算も考えやすくなります。

サイズが小さいと窓全体を覆えなくなって、隙間から光が差し込んでしまいますし、逆に大きすぎるとカーテンがブカブカになって見栄えが悪くなってしまいます。

特に、オーダーカーテンだとサイズの間違いは致命傷になりかねないので、気をつけましょう。

サイズの間違った選び方は?

窓にぴったりのカーテンを選びたいからといって、窓の大きさで決めてはいけません。

カーテンの横幅は、カーテンレールによって決まります。サイズを調べるときは、理想のサイズの測り方を把握したうえで、市販のメジャーを使って測るようにしましょう。

カーテンの横幅の測り方

厚地カーテン|シャンパン

カーテンの横幅は、カーテンレール無しでは決められません。カーテンレールが無い場合は、まずはカーテンレールを設置しましょう。

種類としては、一般的な機能レールのほかに、カーテンボックスや装飾レールがあります。

横幅のサイズ

まずは、カーテンレールの両端にある固定ランナーの間隔を測ります。装飾レールなら、両端の動かないランナーの間隔です。

次に、この数字を1.03~1.05倍にします。固定ランナーの間隔を3~5%増したものが、理想の横幅になります。レールの幅が200cmなら、カーテンは206~210cmということです。

カーテンの横幅は多少ゆったりしてもかまいません。既製品のカーテンを選ぶとき、ピッタリ合うものが無ければ、ちょっと大きいものを選びましょう。

レースカーテンの横幅は、ドレープカーテンと同じサイズにします。

丈のサイズ

丈のサイズは、窓の種類によって異なります。

掃き出し窓ならレールフックから床面までの長さから1cmを引いた数字、腰高窓なららレールフックから窓の下枠までの長さに15~20cmを足した数字になります。

特殊なカーテンの場合は?

スクリーンやシェードのサイズは、窓の内枠と外枠、どちらに設置するかで異なります。内枠なら、内枠のサイズから1cm引いた数字です。外枠なら、横幅は外枠のサイズに3~5cm、丈は10~15cmを足した数字になります(掃き出し窓は1cm引いた数字)。

ヒダ倍率とは?

ヒダ 画像

横幅に影響するものではありませんが、横幅の何倍の生地を使うかの比率がヒダ倍率です。たとえば、100cmのカーテンを仕上げるとき、1.5倍ヒダなら150cmの生地、2倍ヒダなら200cmの生地を使います。倍数が上がるほど、ドレープ(カーテンのヒダ)は増えます。

カーテンの開き方

カーテンの開け方は、中央から両側に開く「両開き」と、片側からもう片側まで開く「片開き」の2通りがあります。

両開き

窓は2枚あるのが普通なので、一般的な開け方です。両開きだとカーテンは2枚になるので、1枚あたりの横幅は2で割った数字になります。

ただ、両開きは真ん中に隙間ができやすくなるので、横幅に余裕を持たせたほうがいいかもしれません。

片開き

片開きだとカーテンの切れ目がなくなるので、見栄えは良くなります。カーテンの開け閉めが少ない窓、小さい窓に向いています。

オーダーカーテンで理想の横幅を

カーテンの失敗しない選び方において、一番重要なのがサイズです。カーテンの横幅は、カーテンレールによって決まります。

ただ、窓の多様化が進んでいるため、既製品のサイズでは合わない窓もあります。こういうときは、サイズも自由に決められるオーダーカーテンをおすすめします。

カーテンの通販専門店であるカーテンズなら、おすすめのサイズを自動で計算することもできます。オーダーカーテンでお悩みの方はお気軽にカーテンズにお越しください。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事