このエントリーをはてなブックマークに追加

暮らしを変える、カーテン生地の選び方

非公開: 暮らしを変える、カーテン生地の選び方

カーテンは生地の選び方で、部屋の雰囲気や快適さが変わってきます。

カーテン生地の種類や機能性を知って、部屋にぴったりな、暮らしを彩るカーテンを上手に選びましょう。

生地の種類と特徴を知ることから始める、カーテン選び

カーテンに用いられる生地には、いくつか種類があります。

代表的な生地が、厚手の生地「ドレープ」と薄手の生地「レース」です。ドレープを部屋側に、レースを外側に組み合わせて使います。

その他にもさまざまな種類の生地があります。カーテンの生地は種類によって、見た目だけでなく、機能的な特徴も異なります。

それぞれの生地の特徴を知ることで、空間にぴったりのカーテンを選ぶことができます。

カーテン生地「ドレープ」の特徴

厚地カーテン|コルク(BE)

厚手で重みのある生地を「ドレープ」といいます。カーテン生地の中で、最もポピュラーな生地です。ドレープには、無地と柄物があります。

ドレープの種類

無地の生地は、染色した糸で織りあげる方法と、白い糸で織った後に染め上げる方法で作られています。

無地のドレープは、柄がないので、糸の表情が際立ち、素材感を楽しむことができます。シンプルな美しさと、色のバリエーションの豊富さが魅力です。

柄の生地は、糸を織って柄模様を作ります。織り方や糸の種類を変えることで、柄を描きます。

多様な糸で生み出された柄は、高級感と重厚感をプラスしたような仕上がりが素敵な生地です。

ドレープの機能性

厚地のドレープには、遮光性、遮蔽性、防音性、断熱性の効果があります。遮光性や遮蔽性にはレベルがあるので、部屋の使用目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

会話を楽しむリビングや、ゆっくり休みたい寝室、集中力を高めたい書斎などでは、機能性を生かした選び方をしたい生地です。

カーテン生地「レース」の特徴

レースカーテン|バナナ

薄手で、透け感のある生地を「レース」といいます。光を穏やかに通すことができ、レース模様の美しさも楽しむことができます。

レースの機能性

レースは編み目があるので、通気性、通風性があり、編み目の大きさが、その強弱を左右します。外からの視線を適度に遮りながら、風を通すことができるので、日中に大活躍。

特に、「ミラーカーテン」は、光を反射させて、外部の視線を遮る効果の高いレースカーテンです。遮熱性も備えており、省エネ効果としても人気があります。

空気の流れをしっかり確保しながらも、プライベート空間を守りたい場所に選びたい生地です。

カーテン生地「プリント」の特徴

アフリカの草原サファリ

厚手の生地や薄手の生地に、染色して模様を描いた生地を「プリント」といいます。織ることで柄を作るのではないので、鮮やかで、はっきりとした柄も多くあります。

プリントの機能性

ドレープやレースが持つ機能はそのままに、彩りのあるおしゃれな空間を演出。ひだを作らずに柄をしっかり見せ、個性あふれる部屋作りをすることもできます。

部屋のイメージを好みの雰囲気に変えたい時や、子供部屋などにも選びたい生地です。

カーテン生地「ケースメント」の特徴

ドレープとレースの間のような、透け感を持った生地を「ケースメント」といいます。レースよりも太い糸でざっくりと編まれており、ケースメントだけでも視線をカットします。

ケースメントの機能性

レースよりもボリューム感があるので、ケースメントだけで使用することができるのも人気の理由のひとつ。独特の風合いが魅力的で、日差しのニュアンスを取り入れたい場所にはよく合います。

生地の選び方で、こだわりカーテンのある生活

それぞれに独自の特色と効果を持った、カーテンの生地。生地を上手に選ぶことが、快適で自分らしい部屋にすることにつながります。

豊富なカーテンが揃い、サイズのオーダーも可能な『カーテンズ』なら、ぴったりの生地を探していただけると思います。いつものお部屋を素敵に彩るカーテン選びは、カーテンズにお任せください。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事