このエントリーをはてなブックマークに追加

お部屋をコーディネートするときはカーテンの色にこだわろう

お部屋をコーディネートするときはカーテンの色にこだわろう

お部屋をコーディネートする際、色の配色に気を付けていますか?特にカーテンは部屋の雰囲気を大きく左右する、大切な役割を持っています。

今回は、カーテンの色を中心にお部屋のコーディネートの仕方を紹介したいと思います。

カラーコーディネートは部屋の雰囲気を左右する

お部屋をコーディネートする際に大切なことは、インテリアのデザインや配置だけではありません。部屋全体の色使いにこだわることで、あなたのお部屋がもっと居心地の良い空間になります。

カラーコーディネートの知識とルールに従って、素敵なお部屋作りを目指しましょう。

まずは色の配分について知ろう

drapeCurtain マー

お部屋をコーディネートする際に必要なのが、色の配分についての知識です。お部屋は主に3種の色で構成されています。

ベースカラー、メインカラー、そしてアクセントカラーです。それぞれ70%:25%:5%を目安に配分していきましょう。

ベースカラー

床・壁・天井の色になります。お部屋の1番基本的な色になり、毎日見ても飽きがきません。一般的に天井と壁は、白やアイボリーで揃え、床は茶色系になります。

メインカラー

お部屋の4分の1を占めるメインカラーは、ソファ、家具、カーテンの色で構成されます。

家具の色を濃ゆくするか、薄くするかで、お部屋の雰囲気がガラリと変わります。お部屋の雰囲気を決めるカーテンにこだわる理由はここにあります。お部屋の主役となる色なので、最も自分らしさを出すことができます。

アクセントカラー

クッションや照明、小物などの色をアクセントにすることで、お部屋にメリハリを生むことが可能です。

色相環とトーン

次に色相環とトーンについて簡単に見ていきましょう。色を円状に並べたものを色相環図といいます。

色相は暖色、寒色、中性色、に分類され、対極の位置にある色を補色、隣合う色を類似色といいます。

そして、色相に加えてs色のトーンがあります。明度と彩度で構成され、派手なトーンに白をたすと、明度が上がり、彩度が下がります。逆に、黒を加えると、明度・彩度が共に下がります。

部屋のコーディネート集

バード&アネモネ

上記で学んだ知識を基に、お部屋のカラーコーディネートを見ていきましょう。

類似色コーディネート

色相環図で、隣2つまでの色を類似色といいます。似た色でお部屋を構成するので、色どうしが喧嘩することがありません。安心する空間作りに適しています。

反対色コーディネート

対極の色、つまり捕色どうしを組み合わせた配色になります。メリハリのあるコーディネートが特徴で、活発的で明るい雰囲気を演出できます。

同一色コーディネート

色相を統一し、トーンの違う色を組み合わせたコーディネートです。色が少なく、まとめやすいコーディネートです。失敗することが少なく、落ち着いた雰囲気をだすことができます。

お部屋を快適にコーディネートするならカーテンズに決まり

色についての知識があれば、お部屋をもっと住みやすい空間にすることができます。

特にお部屋のメインカラーを担うカーテンの色にこだわることで、お部屋の雰囲気をあなた好みに変えることが可能です。

カーテンズでは、豊富な種類のカーテンを揃えており、どのコーディネートにも対応できる品ぞろえを誇っています。あなたが理想とするお部屋の雰囲気作りに、ぜひカーテンズのカーテンを使ってみませんか?

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事