このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンの色でリビングがもっと楽しくなる

カーテンの色でリビングがもっと楽しくなる

リビングは家族が集まるくつろぎの空間です。そんなリビングをもっと居心地の良い空間にする方法があります。

それは、リビングに合ったカーテンを選ぶことです。カーテンの色を中心に、リビングのカーテンの選び方について見ていきましょう。

カーテンは部屋の雰囲気の左右する

カーテンの役割は光や音を遮るだけではありません。カーテンの色や柄を上手に利用することにより、部屋に統一感を演出したり、メリハリのある部屋づくりをすることができます。

つまり、カーテンが部屋の雰囲気を作るといっても過言ではないのです。

部屋には1つ1つ役割があります。たとえば、寝室はゆっくり眠って疲れをとる場所、リビングは家族との団らんを楽しむ、憩いの場です。

それぞれの部屋の役割に合ったカーテンを選ぶことが大切です。

リビングのカーテン選びでは何に気を付ければいいのか

drapeCurtain メイス

カーテンは部屋の雰囲気に大きく影響するので、慎重に選ぶのが得策です。

特にリビングは、家族全員で利用するスペースなので、家族みんなの意見や好みをできる限り反映する必要があります。実際にカーテンを購入する前に、家族の意見を聞いておくとよいでしょう。

リビングのカーテンを選ぶ際には、以下の点に注目してみてください。

リビングのカーテンには断熱性を

まず、最初に押さえておくべき点は、カーテンの断熱性です。

リビングには、家の中で一番大きな窓が付いています。つまり、夏の熱気と冬の冷気が外から入ってきやすいのです。

断熱性の優れたカーテンをリビングに取り付ければ、冷暖房の効果もアップし、どんな季節でも快適に過ごすことができますよ。

カーテンと家具のテーマをそろえる

カーテンと部屋のインテリアのテーマを調和させることで、統一感のある雰囲気を出すことができます。

もしも、家具や壁紙がカントリー調なら、カーテンは植物柄のものを選びましょう。シンプル&モダンな都会的なリビングにしたい場合は、家具と色のバランスがとれた無地のカーテンと選ぶとよいです。

リビングのカーテンは色にこだわろう

drapeCurtain レジス

カーテンの色は断熱性と同じくらい重要です。どのような雰囲気を出したいかによって、おすすめのカーテンの色は変わってきます。

しかし、基本は家具やリビングの床の色に合わせることです。ベージュやアイボリーのカーテンは、インテリアとの相性が良いので、どんな家でも合わせやすくなります。

リビングに明るい雰囲気が欲しい、という方は明るい色のカーテンがよいでしょう。グリーン・水色・ピンクなどのカーテンは、部屋全体を明るくしてくれます。夏に涼しさが漂うのもいいですね。

モダンで洗練された雰囲気をだすためには、濃い茶色や黒のカーテンがオススメです。

木目調の部屋との相性も良く、冬場は暖かみを感じられそうですね。しかし、ダークカラーは部屋に圧迫感を与えがちなので、リビングが狭い場合やモノで溢れている場合は避けた方が無難です。

リビングのカーテンを探すならカーテンズ

カーテン選びは慎重に行うことが大切です。特にリビングは、家族全員が利用するので、どんな雰囲気のリビングにしたいのか、ある程度の話し合いが必要です。家族の好みに合ったリビングにできれば、団らんの時間が何倍も楽しくなりますよ。

カーテンズは豊富な種類のカーテンを揃えており、リビングのカーテン選びにもぴったりです。これを機にぜひ1度、カーテンズをご利用してみてはいかがでしょうか?

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事