このエントリーをはてなブックマークに追加

寝室のカーテンは何色にすべき?風水で考える

寝室のカーテンは何色にすべき?風水で考える

一日の疲れを癒やす寝室を快適にするために、インテリアにこだわる方も多いはず。カーテン選びでお悩みの方は、風水の視点を取り入れるといいでしょう。今回は、方角の視点から運気アップが狙える色をご紹介します。

寝室に風水を取り入れる理由

風水の世界では、住まいの中で3つの場所が重要と考えています。ひとつは、気の入り口で位置も重要視されている「玄関」。次に、パワーの源になる食べ物を扱う場所として大切にされている「キッチン」。そして「寝室」。

「人生の36%は眠っている」といわれているくらい、睡眠は私たち人間に欠かせないものです。寝室の環境がよくないと、当然眠りの質にも影響しますよね。

一日に使い果たしたエネルギーを充電するための大切な空間を、風水でよい環境に整えてあげることが毎日を快適に過ごす秘訣なのです。

方角ごとにみる寝室のおすすめカーテンの色

風水では、方角により持っている意味や運気が異なります。寝室にあたる方角別にベストな色がありますので、1つずつ見ていきましょう。

カーテンはピンクやベージュがおすすめです。北は「水」の気を持っていることから、他の方角よりも足元が冷えやすくなっています。ラグを敷いたり間接照明を使ったり、寝室にあたたかみを加えてあげましょう。

北東

風水では「土」の気を持つ北東。清浄を意味することから、浄化作用のある白を使うとよいとされています。寝室を常に清潔に保ち、よい運を取り入れやすく工夫しましょう。

東は太陽の光が十分差し込み、よい気が入ってきやすい方角です。風水的に、光を完全に遮るような厚手のカーテンは控えて、青や緑色のカーテンにしましょう。

南東

南東は「木」の気があるので、オレンジや緑などナチュラル系がおすすめです。寝室の風通しをよくし、よりよい運を呼び込びましょう。

「火」の気を持つ南。風水では、「火」は「木」と相性がバッチリといわれているので、色は緑やベージュ系がよいでしょう。また、この方角は気の調和を保ってくれる観葉植物がおすすめアイテムです。

南西

南西の寝室は落ち着いた方角と言われ、リラックス効果があることで知られています。ベージュやクリーム、茶系など「土」の気を思わせる色が幸運を呼ぶので、アジアンテイストとも相性がよさそうですね。

西

風水では、金運を呼び込む「金」の気をもつ方角として知られる西。カーテンの色は黄色やベージュがおすすめです。

しかし、「水」の気とあまり相性がよくないので、花瓶や水槽を置くのは避けましょう。

北西

西の寝室同様、こちらも「金」の気を持つ方角です。上品なアイボリーやベージュ系が風水で吉とされています。高級なものと相性がよいため、カーテンは良質なものを選ぶと金運アップに効果があるでしょう。

風水でもっと寝室を運気アップ!

カーテンはもちろん、毎日の行動にも風水を取り入れることで、さらに幸運を呼びこむことができますよ。

朝はカーテンをあけよう

風水では、毎朝窓とカーテンを開けることが大切です。寝ている間に寝室に溜まった気を追い出し、朝の新しい空気と光を部屋に取り入れ、よい気を循環させましょう。

レース素材のカーテンを

風水では、寝室のカーテンを二重にすることが鉄則です。日中はレースのカーテンをして、暗くなる前にカーテンを締める。夜は二重の状態にして部屋の気を守り、ぐっすりと眠りましょう。

風水から選ぶカーテンはカーテンズで

寝室は一日のはじまり、そして終わりを過ごす大切なプライベートスペース。そんな大切な空間だからこそ、カーテン選びも風水を上手に取り入れたいですね。

カーテン専門店のカーテンズでは、大切な寝室がより心地よくなるためのカーテンを豊富に取り揃えています。お部屋のサイズにあわせたオーダーカーテンも承っていますので、ぜひ一度ご相談ください。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事