このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンの方角と風水の関係

カーテンの方角と風水の関係

風水と方角の関係は密接に関わっているので、カーテンも方角を意識して選べば運気アップが期待できます。部屋の位置や間取りを一から変えずに、カーテンで手軽に運気を呼び込みましょう。

風水と方角の関係とは

そもそも風水とは、そして方角とカーテンはどんな関係があるのでしょうか。

風水とは

風水とは、中国は漢の時代から受け継がれている環境学のことです。風は、「気やエネルギーのような空気の流れ」を表し、水は「自然界全体にある水」を指します。

昔の人々は、私たち人間が環境にさまざまな影響を受けて生活をしていることを理解していました。山の場所や川の水の流れ、風向きなどを調べ、暮らしをより良くしようとさまざまなデータをもとに分析、研究をして確立されたものが風水です。

風水と方角との関係

テレビや雑誌などで、方角別にラッキーアイテムを紹介しているのを見かけたことがあるでしょう。「それって占いなの?」と思った方もいるかもしれません。しかし、風水では各方角それぞれが持つ意味や運気があると考えており、方角で吉凶を判断するのには道理に合った理由があります。

たとえば、南側は日当たりがいいので部屋が暖かい。そこで「陽」の気がある場所に主張の強いアイテムを置けば、気同士がぶつかります。そういった理由から、「南のインテリアに強い色は避けたほうがよい」などと言われます。

決して迷信や占いとは異なる、理にかなっているのが風水です。「ちょっとハードルが高いかも…」と思っていた風水も、歴史やいわれがわかると気軽に取り入れることができそうですね。

風水で運気をアップする方角別カーテンの選び方

カーテンは、気が出入りする窓を覆うフィルターのような役割を持っているため、カーテン選びが運気を左右するといっても決して大げさではありません。方角別におすすめの色や柄をご紹介しましょう。

西・北西の窓

西は、金運やクリエイティブ運といった、楽しみにつながる運があり、北西は後援運をあげるとされています。

「金」の気を持っていますので金を連想させるような薄いクリーム色、ベージュがよいでしょう。柄のカーテンであれば、水玉が幸運を呼んでくれます。

南西の窓

南西は「土」の気を持つ方角です。家庭運や結婚運アップが狙えるでしょう。色は黄色や赤がおすすめで、柄を選ぶなら正方形やチェック柄が適しています。

北東の窓

北東は俗に「鬼門」と呼ばれる、変化を呼びこむ方角なので、ここを変えると全体にいい影響があります。

逆を言えば、北東の気が悪くなると全体運が徐々に下がってくるので注意が必要です。色は白をベースとし、アクセントで赤を使うといいでしょう。

東・南東の窓

東は発展運、南東は縁を呼びます。仕事や人間関係においては、どちらもかかせない運なので気になりますね。

東と南東は「木」の気ですので、オレンジや黄緑、柄なら植物や花のモチーフ、ストライプ柄も運気アップにおすすめです。

南の窓

南は人気運を持つ方角で「火」の気ですから、火を絶やさないという意味から「木」の気を持つ色を選ぶとよいでしょう。黄緑や緑、ブラウンが運気を上げてくれます。

北の窓

北の窓は恋愛運をアップさせるのに有効です。カーテンの色はクリームやベージュ、アイボリーなど柔らかい色がいいでしょう。「水」の気を冷やし過ぎないような、ナチュラルカラーが運気アップを誘います。

カーテンで風水を気軽に取り入れましょう

風水の「気の流れ」は、方角をちょっと意識するだけで変えられるので気軽に実践できます。方角が意味する運気を理解し、色をバランスよく上手に選んで運もセンスもアップしましょう!

カーテン専門店のカーテンズでは、思わず迷ってしまうほどの豊富なカーテンが揃っています。オーダーメイドにも対応していますので、カーテン選びでお困りの際はお気軽にご相談ください。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事