このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンがしわだらけに…失敗しない洗濯のコツ

カーテンがしわだらけに…失敗しない洗濯のコツ

「自宅でカーテンを洗濯したらしわがついてしまった…」。そんな悲しい経験はありませんか?いつも清潔にしておきたい大切なカーテン。しわにならない洗濯のコツをご紹介します!

しわを防ぐ洗い方

洗う前、洗う時、そして干し方。それぞれにコツがあります。ポイントを押さえて、しわがないように仕上げましょう。

ほころびや破れをチェック

最初に、カーテンをレールから外します。引っ張らないようにやさしく行うのがポイントです。

ここでほころびや破れがないか、裏表とも確認しましょう。ほつれたまま洗濯してしまうと、ほころびがさらに大きくなるので、洗濯前に修繕を。

洗濯表示の確認

洗濯ラベルにある、取り扱い絵表示を事前に確認しましょう。「洗濯機OK」や「手洗いOK」のマークがついていたら、そのまま洗濯できます。

「水洗い不可」のマークがあれば、残念ですが自宅では洗えないので、クリーニング店へ相談してみましょう。

たたんでネットに入れる

外したカーテンは、折りたたんでから洗濯ネットに入れて洗いますが、このたたみ方にもポイントが。屏風をイメージし、縦にひだをつくるように縦長に折ります。

それを長さを3つ折りくらいに短くしてから、洗濯ネットに入れてください。汚れた部分は表になるようにたたむとよいでしょう。

素材によって洗い方を変える

素材によってしわになりやすいものと、そうでないものがあります。綿や麻はナチュラルな風合いがとても素敵ですが、自然素材のためしわになりやすく、場合によっては色落ちもします。

また、植物由来の天然素材は水洗いNGのものが多くありますので、注意しましょう。麻や綿は、しわを独特の持ち味として楽しむのもよいかもしれませんね。

刺繍の入ったカーテンのように、デリケートなものは手洗いが安心です。こするとしわや毛羽立ち、色落ちの原因になります。洗剤をよく溶かし、やさしく押し洗いしましょう。

洗濯機はドライコースを選ぶこと

洗濯機で洗濯可能なカーテンは、コース選びが大切です。ドラム式にも縦型にも、ほとんどの洗濯機には「ドライコース」が設けられています。

名称はメーカーによって異なりますが、「ドライコース」または「手洗いコース」を選びましょう。ドラムや槽をほとんど動かさずにやさしく洗ってくれます。

脱水時間も短めに設定されているので、しわ防止にもよいですね。ただし、機種によって洗濯をおすすめしていないものもありますので、事前に洗濯機の取扱説明書を確認してくださいね。

カーテンのしわを防ぐ干し方

しわを防ぐには、洗濯が終わったらすぐに干すことが大事です。カーテンレールにそのままかけて自然乾燥させれば、水分の重さでしわが伸びてきれいに仕上がるでしょう。

重いカーテンはレールに負担がかかりますので、竿に干すようにしてください。干すときは少しだけ生地をひっぱり、形を整えるのがポイントです。直射日光はカーテンを痛めてしまいますので、外に干す際には陰干しにしましょう。

しわのないカーテンで気持ちいい毎日を

コツを押さえて洗濯すれば、自宅でもしわのないカーテンに仕上がります。どうしてもしわが気になる方には、形状記憶加工やウォッシャブルタイプのカーテンがおすすめです。

形状記憶のカーテンは、しわを防ぐだけでなく、きれいなドレープを持続してくれるすぐれもの。ウォッシャブルタイプは洗濯機で丸洗いができるので、不安だった洗濯も楽しくできそうですね。

カーテンズでは、形状記憶加工付きのエコカーテンをはじめ、機能性の高いカーテンを豊富に取り扱っています。しわになりにくいカーテンで、気持ちのいい毎日を送りましょう!

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事