このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンの洗濯頻度はどれくらい?

カーテンの洗濯頻度はどれくらい?

意外と知らない、カーテンを洗濯する頻度。その日のお天気や干すスペースも関係するので、つい後回しにしがちですよね。どのくらいの頻度で洗濯するのが望ましいのでしょうか。

カーテンを洗濯する理由

毎日開け閉めするものなのに、どうしても洗濯頻度が少なくなりがちなカーテン。「最後にいつ洗ったのか忘れてしまった」という方も多いはずです。

カーテンは、私たちが思っているよりもずっと汚れています。部屋のホコリ、花粉、タバコや食べ物のニオイ。冬には結露でカビが生えてしまうことも…。

せっかく気に入って買ったカーテンを長く使うためにも、手遅れになる前に洗濯しましょう!

カーテンの洗濯頻度の理想は?

「カーテンはずっと下げているだけだし、見た目にも汚れてないから大丈夫!」と思いがちですが、目に見えない汚れこそ取り除くことが大切です。では、どのくらいの頻度でカーテンを洗濯すればよいのでしょうか。

年に2回は洗濯しましょう

汚れの程度にもよりますが、洗濯頻度はだいたい年に2回くらいをおすすめします。

「花粉が多く舞う、春を過ぎたころに1回。年末の大掃除のときに1回。」というように、自分の中で決めておけば忘れずにすみますね。

カーテンの普段のお手入れ方法

汚れたからといってあまりに洗濯頻度が多いと、カーテンもダメージを受けて長く使うことができません。汚れをつきにくくするためには、普段からのお手入れも大切です。習慣にしてしまえばとても簡単なので、今日から始めましょう!

ホコリを落とす

カーテン汚れの大きな原因となるホコリ。思わず目が行く部分なので、遊びに来たお友達にチェックされているかもしれません。

毎日の掃除のついでに、カーテンもブラシですいてホコリを落としましょう。ヒダになっている部分やタッセルの付近はホコリがたまりやすいので、こまめな掃除を心がけてくださいね。

こまめな換気

ニオイがつきやすい布のカーテン。消臭スプレーで対策できますが、直接カーテンにかけてしまうとシミができてしまう恐れがあります。ニオイそのものを取る根本的な解決策ではないので、ニオイをきちんと消すにはやはり洗濯が一番です。

普段できることとして、こまめに換気をするなど、ニオイをつきにくくする工夫も大事ですね。

水分を拭き取る

カーテンの裾についてしまう黒カビ。一度ついてしまうと、なかなか取れなくてやっかいな存在です。冬場は特に窓が結露しやすいので、頻繁に換気しましょう。朝は乾いたタオルで窓の結露をしっかり拭き取るなど、ついてしまう前に防止するのもおすすめです。

ごみやホコリがついていると、水分を含んでカビを発生させる原因になります。汚れたら洗濯の頻度を増やし、日頃からカーテンを清潔に保ちましょう。

カーテン周辺のお掃除も忘れずに

つい見落としてしまいがちなのが、レールやフックの掃除。せっかくカーテンを洗ってもレールが汚れていたら、干したばかりのカーテンが汚れてしまい、いよいよキレイにするのが難しくなってしまいます。

レールのお掃除におすすめなのが、割り箸にぬらしたハギレをくるくると巻きつけ、輪ゴムでとめたもの。届きにくいレール部分も、手を伸ばすだけで掃除が楽にできるでしょう。

カーテンをいつもきれいに、気持ちよく

カーテンがきれいだと、家族みんなも気持ちよく毎日を過ごせます。適切な洗濯頻度を心がけて、清潔な状態を保ちましょう。洗濯しても落ちないくらい汚れてしまったときは、思いきって買い替えてみるのもおすすめです。

カーテンズは機能性・デザイン・用途からカーテンを選ぶことができて、バリエーション豊かなラインナップになっています。色・素材・透け感でお好みのカーテンを選んで、快適な日々を送りましょう。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事