このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンにつくダニやカビ撃退法!

カーテンにつくダニやカビ撃退法!

掃除しようと思っていても、なかなかその機会がないカーテン。もしかしたら、汚れだけでなくダニやカビも大量発生しているかもしれません。今回は、カーテンにつくダニやカビの撃退方法をご紹介します。

そのカーテン、ダニの”すみか”になっていませんか?

お掃除が面倒で何年もそのままのカーテンは、湿気とともに大量のホコリを溜め込んでいて、ダニにとって最高の“すみか”です。一般家庭のカーテンには、約2,000匹のダニが住み着いているといわれています。

また、アレルギーの主原因であるホコリ・ダニ問題は、アレルギーをお持ちの方や、小さなお子様がいるご家庭にはとても気になる問題でしょう。カーテンもカーペットや布団のように定期的な掃除をして、家からアレルゲンを減らしましょう。

掃除機でホコリ・ダニを一網打尽

カーテンにつくダニやホコリは、カーテンを掃除機がけするだけで、大幅に減らすことができます。いつもの掃除の際にカーテンも、一緒に掃除機がけをしてあげましょう。ダニは掃除機の衝撃で簡単に死滅してしまうので、駆除も簡単。

各メーカーから販売されているアタッチメントを使えば、気軽にカーテンを掃除機がけすることができます。ただし、掃除機で吸ってもダニの死骸が排気口から出てきてしまうこともあるので、掃除機がけの時は窓を開けて行ないましょう。

ダニのいる所にカビの気配もあり

ダニの大好物である湿気とホコリは、カビにとっても大好物。ダニが繁殖しているカーテンは、カビが繁殖する環境も整っていると言ってよいでしょう。

カーテンにカビが繁殖してしまうと、緑や白の斑点がカーテンの表面にできてしまいます。特に、ダニとカビの繁殖の原因となる油汚れやフケ・垢などの汚れは掃除機では落としにくく、掃除機がけを行っていても汚れはどんどん溜まっていく一方です。

洗濯でダニ・カビの原因を叩く

カーテンを定期的に洗濯するだけで、カーテンの上のダニを駆除だけでなく、掃除機では落としきれないカビ、ダニの繁殖の原因である汚れもキレイに落とすことができます。

年に数回、季節の変わり目に定期的にカーテンを洗濯して、カーテンを清潔に保ちましょう。洗濯の前には、カーテンのタグでお持ちのカーテンが家庭で洗濯が可能か、確認を必ずするようにしてください。

家庭の洗濯機では落ちないシミはプロに頼む

カビのシミも軽度なものであれば、ご家庭の洗濯機で落とせますが、程度がひどくなってしまうと、シミが洗濯機で落ちないことも。

そんな時は、クリーニング店にカーテンの洗濯、シミ抜きを依頼しましょう。また家庭で洗濯できないサイズ・素材のカーテンも、クリーニング店では取り扱っているはずです。

きちんと掃除してダニのいないカーテンを

ホコリと湿気が溜まったカーテンは、ダニにとって快適な環境です。定期的にカーテンを掃除して、ダニの繁殖を防ぎましょう。

ただ、汚れ具合によっては、洗濯しても匂いや汚れが落ちない場合があります。カーテンも消耗品ですので、寿命だと思ってカーテンを買い換えるのも一つの手です。

カーテン専門店のカーテンズでは、洗濯機で丸洗いできるカーテンを扱っています。デザインや品質にもこだわっており、オーダーメイドも可能ですので、お部屋も気分も一新してみてはいかがでしょうか。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事