このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンの寿命はどのくらい?

カーテンの寿命はどのくらい?

普段何気なく使っているカーテンの寿命がどのくらいか、知っていますか?素材やお手入れによって、寿命は大幅に変わります。今回は、カーテンの寿命と長持ちさせるポイントについてまとめました。

カーテンの寿命について

約4~5年といわれている、一般的なカーテン寿命。この平均寿命には、「家庭で洗濯できるウォッシャブル機能で年に1~2回洗濯する」という基準が含まれています。しかし、他にも寿命を短くする要因があるのをご存知でしょうか?

寿命が長い合成繊維

布(繊維)の強度は時間とともに少しずつ低下していきます。天然繊維は劣化しやすいため、合成繊維のカーテンの方が長寿命です。合成繊維のカーテンの中でも、アクリルが最も強く、傷みにくくなっています。

光はカーテンの劣化を早める

カーテンの寿命に関わる、太陽光による変色・色あせ。カーテンに使用されている染料が光科学反応をおこし、光に接した時点から色あせは進んでいきます。

素材や色によって差がでますが、一般に天然繊維よりも合成繊維が、淡色よりも濃色の方が変色しにくく長寿命です。

天然繊維カーテンを使うときの注意点

コットンやリネン、シルクなど天然繊維のカーテンは肌触りが良いのですが、天然繊維は合成繊維よりも寿命が短いため、取扱いやお手入れに注意が必要です。

太陽光による変色は痛みの原因になりやすく、寿命の低下につながるので、裏生地をつけてください。近年は輸入素材など、さまざまな種類のカーテンがあるので、購入時に取扱い方法をしっかりと確認しておきましょう。

カーテンの寿命を長くするには?

生活する上で毎日みるカーテン。少しでもカーテンの寿命を長くするために、どこを意識して選べばよいのでしょうか。

場所によって素材を変える

長持ちという視点からいうと、素材は合成繊維の方が劣化や色あせしにくいのでおすすめです。また、劣化は日々の蓄積ですので、光があまり当たらないとダメージが軽減され寿命を長くすることができます。

どうしても天然繊維のカーテンが使いたいという方は、家の中で他に比べて光量が少ないところにつけましょう。

色あせを見分ける指標

カーテンには「JIS L 0842」という、色あせ度合いを確認できる指標があります。1~8級に分かれていて、8級がもっとも耐光堅ろう度が優れているので、寿命をのばすにはなるべく級の高いものを選びましょう。

素材とカーテン選びで、長く素敵な生活を

カーテンの寿命を長くしたい方は、つける場所を決めて素材を含めたカーテン選びをおすすめします。もし寿命に達したカーテンを使用し続けると、お部屋のインテリアのバランスが悪くなるので買い替えた方がよいでしょう。

カーテン専門店のカーテンズでは、丈夫な合成繊維や質感に優れた天然素材カーテンを豊富に取り揃えております。ご自宅の窓に合わせて、サイズのオーダーをすることも可能です。イメージにぴったりのカーテンを見つけて、あなたの生活を彩ってみませんか?

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事