このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンの種類とそれぞれのメリット、デメリット

カーテンの種類とそれぞれのメリット、デメリット

お部屋の雰囲気と快適な環境づくりに大きく関わるカーテン選びは大切です。それでは、カーテンの種類別にメリットやデメリットを見ていきましょう。

ドレープカーテンのメリット、デメリットとは

ドレープカーテン|ラウド(NV)

ポピュラーなカーテンで種類も豊富に揃います。様々なお部屋で使用されるカーテンです。

メリット

機能面も充実していて、遮光カーテンは遮光性と断熱性があり省エネ効果が期待されます。火気に近い場所では、防炎性の高いカーテンが安心ですね。

お部屋や目的に応じて選べ、着脱が簡単な点が、ドレープカーテンのメリットです。

デメリット

生地が厚めでヒダがあるので、お部屋が狭く感じられます。また、窓際に家具を設置するときは、幅を取るので向きません。

レースカーテンのメリット、デメリットとは

はなはな|トルコレース

薄いレース生地で光を柔らかく通し、お部屋の雰囲気作りに貢献します。

メリット

お部屋の雰囲気を引き立てる効果に加え、近年は、目隠し効果の高いミラーレースカーテンや、遮熱性のあるレースカーテンなど機能性のある商品も増えています。

デメリット

デメリットは少ないですが、ドレープカーテンほど気をつかって選ばれないようです。お部屋の雰囲気作りに、欠かせないアイテムなのでレースカーテンもこだわりを持って選びたいですね。

カーテンシェードのメリット、デメリットとは

1枚の布を、コードで上下に開閉するスタイルです。

メリット

プレーンシェードやシャープシェードは、すっきりしとした印象になります。

窓の近くに家具等を置く場合にも使用可能です。カーテンと同じ生地で作れるので、統一感が出ます。

さらに、裾が丸いバルーンシェードや、ヨーロッパ調の豪華なオーストリアンシェードなどは、エレガントさやゴージャスさといった雰囲気を演出します。

デメリット

普通のカーテンよりも高価になってしまいます。さらに、機械部分に故障が発生する可能性が出てきます。

ロールスクリーンのメリット、デメリットとは

コルトシークル

ロール状の布を上下させるスタイルのカーテンです。

メリット

平面な布なので、スッキリとした印象になります。間仕切りとしても利用できます。

デメリット

カーテンと比べると遮光性は小さくなります。また、巻きずれが起きると、布が破損してしまいます。

長く使うと、巻き上げの機械部分が故障する可能性があるでしょう。

ブラインドのメリット、デメリットとは

スラットと呼ぶ羽根の調節で、お部屋に入る光の量をコントロールすることができます。

メリット

光を調節しなが、空気を通すことができるので、お部屋の空気を循環できます。
アルミなどの金属製が一般的ですが、木製など家具と馴染むものあるので、お部屋のテイストに合ったものを選択可能です。

デメリット

スラットに埃が溜まりやすく1枚づつ掃除するのが面倒です。さらに、遮光性はカーテンに比べると低くなります。

カーテン選びのパートナーに

カーテンの種類やメリット、デメリットを知ると、カーテン選びが楽しくなります。

カーテン選びをお考えの方に、カーテン作りの専門店「カーテンズ」をご紹介します。

カーテンズでは、北欧ブランドや機能性カーテンなど150種類以上の品揃えと、サイズのオーダーや、無料サンプル請求サービスなど、お客様の不安を取り除くサービスで、快適なカーテン選びをサポートします。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事