このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイルに合わせて選ぶ遮光カーテンの種類

ライフスタイルに合わせて選ぶ遮光カーテンの種類

寝室の朝日や夏の西日など、光にまつわる悩みがあるようなときは、外からの光を遮る機能のある遮光カーテンがおすすめです。

色やデザインだけではなく、お部屋の種類や位置・方向でカーテンを選んでみましょう。

遮光カーテンとは

遮光カーテンは、その名のとおり光を遮る機能を持たせたカーテンです。普通のカーテンでも、光を和らげることはできますが、遮断することはできません。

カーテンの生地に黒糸が縫いこませてあり、この生地を重ねて使うことで遮光性を持たせています。また、特殊なコーティング加工で光を完全に遮断するものもあります。

生地が厚く密度が高いため、断熱効果や防音の効果も期待できます。

遮光カーテンの種類と選び方

遮光カーテンを選ぶときのポイントは、遮光率の違いを確認することです。

お部屋の種類や使う目的によって、必要とする遮光率は変わります。

社団法人日本インテリアファブリック協会の定める等級基準をみていきましょう。

遮光1級

遮光1級は、遮光率99.99%以上、照度0ルクス超~10ルクス以下で、人の顔・表情が認識できないレベルになります。

遮光2級

遮光2級は、遮光率99.80%以上~99.99%未満、照度10ルクス超~200ルクス以下で、人の顔または表情がわかるレベルです。

遮光3級

遮光3級は、遮光率99.40%以上~99.80%未満、照度200ルクス超~600ルクス以下で、人の顔はわかるが作業には暗いレベルです。

以上の3種類の等級をふまえて、使う場所や、目的を考えれば後悔のない遮光カーテン選びができるでしょう。

例えば、睡眠をとるとき真っ暗にしたい場合は、遮光1級がいいでしょう。また、朝日や西日を和らげるのであれば、遮光2級や遮光3級を好みで選ぶといいのではないでしょうか。

濃い色や、寒色系の色は同じ等級でも、遮光効果が少し高くなる傾向にあります。

遮光カーテンは紫外線もカット

ドレープカーテン|バーリー

特に女性の方は気になる紫外線ですが、室内への紫外線の進入も、遮光カーテンで防ぐことができます。また、家具や畳などを色焼けなどから守り、長持ちさせることもできます。

紫外線カットの加工がされたミラーレースカーテンと併用すると、遮光カーテンを開けた状態でも紫外線をカットすることができるのでおすすめです。

遮光カーテンはサイズに注意して選びましょう

遮光カーテンを選ぶときに、最後に注意したいのがカーテンのサイズです。

通常のカーテンと同じサイズを選んでしまうと、カーテンの上や横、合わせ目から光が漏れてしまいます。

これでは、遮光カーテンを使う意味がありません。遮光カーテンを選ぶ場合は、普通のカーテンより少し大きめのサイズを選びます。

さらに、カーテンレールにカーテンボックスを付けたり、カーテンをサイドまで回すことのできるリターン金具の取り付け、カーテンの合わせ目をしっかり合わせてくれる交差ランナーという器具をつけると光漏れがなくなり、しっかり遮光できます。

カーテンズの遮光カーテン

遮光カーテンは生地が厚くて、ゴワゴワしそうな印象がありますが、現在は普通のカーテンと変わらない質感やデザイン、カラーのものがたくさん用意されています。ライフスタイルに合わせて、遮光カーテンを取り入れてみてはいかがでしょうか。

カーテン作り55年の実績をもつカーテンズでは、デザインやカラーも多彩に、さらに機能面も充実した遮光カーテンを豊富に取り揃えております。遮光カーテン選びで重要な、サイズもオーダーできますので、ご安心して遮光カーテン選びをお楽しみいただけます。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事