このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンの長さを上手に調整するには

カーテンの長さを上手に調整するには

引っ越しや買い替えなどで、お部屋の窓にお気に入りのカーテンの長さが合わない…こんな経験はありませんか。

そういうときの「カーテンの長さを調整する方法」をご紹介します。

カーテンの長さを調整する方法

引っ越しなどで、今まで使っていたお気に入りのカーテンを手放したくないときなどは、カーテンの長さを調整してみましょう。カーテンの長さ調整の方法で、一般的によく使われているものをご紹介します。

アジャスターフックを使う

ランナーの穴にカーテンを吊るすための白いフックを、アジャスターフックと言います。フックの部分が上にあるレースカーテン用のAフックと、下部にある厚手のカーテン用のBフックがあります。

フックを選びましょう画像

ランナーの穴に通すフック部分を動かすことができるので、カーテンの微妙な長さの調整をすることが可能です。フックの稼働部分を上にすると、カーテンは下がり、逆に下にすると上がります。

Aフックで1cm~4cm位、Bフックで0.5cm~1cmの間で簡単に調整することが可能です。厚手カーテンのフックは調整幅が小さいBフックの場合が多いので、あまり変化を実感しにくい場合もあります。

裾直しテープによる調整

アジャスターフックでの調整範囲を超えたカーテンの長さを調整する場合は、裾直しテープがおすすめです。

カーテンの裾は、10cmほど折り返して縫われていますので、この部分を使って裾直しテープで調整していきます。また短くするときも、裾直しテープでアイロンを使って、簡単に接着固定することができるので縫うより簡単ですね。コツとしては、アイロンを細かく当てていくこと。アイロンの面すべてを使って一気にやろうとすると、曲がったりよれたりする原因になります。

裾直しテープは、カーテンの横幅を確認して購入しましょう。既成のカーテンの場合、通常は横幅の約1.5倍の生地で縫製されているので、これを目安に確認するといいようです。

特にプリーツカーテン(ヒダのあるカーテン)は、事前によく確認することをおすすめします。手芸店などの専門店で販売されている裾直しテープだと、長さや幅も十分ありストレスなく使えます。

安全ピンを使った調整

カーテンが長い場合は、安全ピンを使って裾を調整できます。

余分な部分を折り曲げ、カーテンの両端とプリーツ部分をそれぞれ止めていきましょう。カーテンの両端とプリーツの数ほど安全ピンを用意して、等間隔に止めていくときれいにみえます。

横止めでも、縦止めでもかまいませんが、縦止めのほうがピンが目立ちにくくなります。安全ピンの針の部分に、ビーズなどで飾りをいれるとオシャレな雰囲気になりますね。

生地を裾に継ぎ足す

カーテンの裾の足りない部分に生地を継ぎ足します。無地の生地には同色系の生地を、柄ものには柄の色調にあった生地を継ぎ足すと相性がいいでしょう。

また、自分の好みでレース生地を継ぎ足したりして、リメイクカーテンを楽しむのもおすすめです。ミシンや針で縫うのが基本ですが、先ほどの裾直しテープを使うこともできます。

お部屋の雰囲気をつくるのはカーテン

カディ マルチクロス

カーテンは、お部屋の雰囲気作りの大切なアイテム。住む家がかわったりしても、気に入ったカーテンは使い続けたいものです。もし、新しい窓にカーテンのサイズが合わないときは、ご紹介した方法で長さを調整してみてください。新しいカーテンにもおすすめです。

カーテンズでは、豊富な品揃えとサイズのオーダーなどサービスも充実させて、カーテン選びにこだわるあなたを、お待ちしております。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事