このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋にぴったり!床につかないカーテンの長さとは?

部屋にぴったり!床につかないカーテンの長さとは?

どんなにデザインが素晴らしく機能性十分なカーテンでも、床とカーテンの長さが合っていないとガッカリしますよね。カーテン選びでは、カーテンのサイズがとても重要です。

床につかないカーテン選び

サイズを正確に把握していないと、購入してから長さが合わずに後悔することも少なくありません。

部屋の大部分を占めるカーテンですので、素敵な部屋のインテリアのためにも良いものを選びたいですよね。

そのためには自分の部屋に合ったカーテンサイズをしっかりと確認する必要があります。正確なサイズを知ることが、床につかないカーテン選びの大事な基準。

特にネットで注文する場合は現物が見れないため、非常に重要な情報となるのです。

カーテンの正しいサイズを測る

カーテンの正しいサイズを知るため、最初にするべきことは、そのカーテンの横幅と長さについての採寸です。

カーテンの採寸をする場合は長さを測るメジャーと計測したサイズをメモするものがあると良いでしょう。

必要な場合は脚立や椅子を用意しましょう。

カーテンレールの測リ方

カーテンの横幅を調べる場合、カーテンレールを測ります。

測り方はカーテンレールの両端にある固定されて動かないランナーを目安とします。固定されているランナーとその反対側のランナーまでの長さを測ってください。

※ランナーとは、カーテンフックを引っかける輪っかのことです。

計測した数字に「×1.05」で計算すると理想的なカーテンの横幅となります。両開きのカーテンの場合はさらに「÷2」で計算してください。

サイズを測るときは忘れないようにメモしておきましょう。

レールの測り方

カーテンの長さの測リ方

次にカーテンレールから床までの長さを測ります。

窓の大きさが床まである場合(掃き出し窓といいます)は、カーテンレールから床までの長さを測ります。

この場合、直接カーテンレールから測るのではなく、ランナーの輪っかの下から床までの長さを測るのです。

長さを測る際の注意点は、床につかない長さにすること。カーテンが床につくと埃がまとわりついて見栄えが悪くなります。

しかし、床までの長さが足りないと光が漏れてきてしまうので計測した数字から1~2cmほど短くすると、床につかないベストな長さになるでしょう。

逆に床から窓までの高さが腰ぐらいにある場合(腰高窓といいます)は窓枠の下から10~15cmほど長くします。カーテンが短いと見栄えも悪く、光や熱が漏れやすく機能性も不十分となるためです。

高さを測りましょう図

カーテンのフックも調べてみよう

カーテンフックの確認もカーテン選びには重要です。

カーテンのフックには2種類あり、使用するフックの種類によっては生地の長さが変わります。
1つはAタイプと呼ばれるレールを見せるタイプのフックです。もう1つはBタイプと呼ばれるレールを隠すタイプのフックです。

フックを選びましょう画像

Bタイプのフックを使用する場合はレールを隠す分、生地が長くなります。

自分に合ったカーテン選び

無事カーテンサイズを正確に測ることができたでしょうか?

これで床につかないカーテン選びに一歩近づきました。しかし、慣れない作業で不安を感じることがあったかもしれません。

カーテンズでは初心者の方でも、安心してカーテンを選べるシステムを用意しております。必要事項を入力し、自分の希望を選んでクリックするだけで
おすすめのカーテンのサイズを自動で選ぶことができます。

自分に合ったカーテンサイズを調べ、カーテン選びの失敗を減らしましょう!

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事