このエントリーをはてなブックマークに追加

既製カーテンでもばっちりキマル!既製カーテンの長さ、規格

既製カーテンでもばっちりキマル!既製カーテンの長さ、規格

既製カーテンでも十分素敵なお部屋になります。今回は、窓の特徴、既製カーテンのサイズ、規格や失敗しない選び方などをご紹介します。

既製カーテンの規格と特徴

まずは、一般的な既製カーテンのサイズと特徴、どの窓に使いやすいのかみていきましょう。

(幅)100㎝×(高さ)178㎝

基本的に二枚セットで、掃き出し窓用にぴったりです。両側開きに配置することにより、左右対称でバランスが良くおしゃれにキマります。

掃き出し窓とは、人の出入りができるように床面まで開いている窓です。面積が大きいだけにカーテンでのコーディネートがしやすく、部屋の印象を左右します。

(幅)100㎝×(高さ)135㎝

一般的な腰高窓や出窓用にぴったりなサイズです。こちらも二枚セットで(幅)100㎝ですので両開きになるように配置して、掃き出し窓と合わせて、お部屋のコーディネートに最適です。

腰高窓とは、腰の高さ位まで開いている窓です。採光や風のとり入れまで用途はさまざまで、コーディネートの自由度はかなり高いといえるでしょう。

出窓は、腰の高さ位で外に立体的に張り出した窓で機能性だけでなく、インテリアとしての意味合いもあります。

(幅)100㎝×(高)200㎝

最近の住宅のLDKの大きめの掃き出し窓に対応できる既製カーテンです。面積が大きい分、ひとめぼれの既製カーテンなら存在感は抜群!

お部屋のコーディネートには欠かせないアイテムといえるでしょう。

カーテンの長さの計り方

高さの計り方はカーテンレールの下から計る事!間違っても窓枠から計らない様にしてください。

掃き出し窓の計り方

まず、カーテンレール下から床までの高さを計ります。

そこから、1㎝から2㎝を引いたものがカーテンの長さ(高さ)です。内側のレースのカーテンはカーテンの長さから更に1㎝から2㎝短くすることで、見た目も良くすっきりした感じになります。

高さを測りましょう 図

腰高窓、出窓の計り方

カーテンレールの下から窓枠の下までの高さを計ります。そこに15㎝から20㎝を足したものが、カーテンの長さ(高さ)となるわけです。

出窓 高さ 測り方

カーテンの長さの調節の仕方

カーテンが長すぎた場合の簡単な調節の仕方について見ていきましょう。

微調整をしたい場合

アジャスター機能付きのフックなら簡単です!

フックには厚地カーテン用のフック(Bフック)とレースカーテン用のフック(Aフック)があり、厚地カーテンで1㎝程度上がりますが、微調整ならこれで十分でしょう。
レースカーテン用は4㎝程度は上がるようになっています。

安全ピンを使った調節

厚地のカーテンを多めに調節したい場合は安全ピンを使えば簡単です。

アイロン等できれいに折り目をつけてから、安全ピンで留めていきますが、両端の2個+プリーツのひだの数だけ安全ピンを用意するときれいに留まります。

レースのカーテンでは、安全ピンが透けて見える場合もありますので、あまりおすすめできません。

カーテン専門店カーテンズの豊富なラインナップ

既製カーテンを使って、お部屋を自分好みにコーディネート!決められた予算のなかで、素敵なカーテンが選べたらとても嬉しいですよね。

カーテンズではさまざまな生地やデザイン、大きさのカーテンを豊富にとりそろえております。既製カーテンが使えない場合には、オーダーカーテンの注文もできまますので、ぜひをご利用ください。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事