このエントリーをはてなブックマークに追加

新築のカーテン予算の相場やコスト削減のコツおしえます!

新築のカーテン予算の相場やコスト削減のコツおしえます!

新築の限りある予算の中でも、カーテンもとことんこだわって選びたいですよね。カーテン関連の予算の相場やコスト削減のコツをお伝えします。

カーテンをハウスメーカー(プロ)に依頼した場合の予算は?

プロにすべて任せてキレイな仕上がりを手に入れるか?自分でやるか?悩むところです。

新築でハウスメーカー(プロ)に依頼した場合、提携しているカーテン屋さんからあがってくる見積りは窓10個所前後で30万円から50万円程度が相場といえるでしょう。

カーテンレール、オーダーカーテンのメーカーやグレード、特殊窓追加で予算は変わってきます。

メリット

メリットとしては、イメージを伝えてカーテンやカーテンレールなどの部材を選べば、仕上がりがキレイなオーダーカーテン付きの窓ができあがります。

予算も住宅ローンに含めて自分のペースで払うことができます。

デメリット

デメリットとしては、打ち合わせ不足により自分のイメージとちがうカーテンが使用されてしまう可能性があります。

また、中間マージンや値引き率など、素人ではわからない部分で予算オーバーになる場合もあるでしょう。

自分でカーテンを設置した場合の予算は?

自分でカーテンを設置した場合、うまくすれば窓10個所前後で10万円前後の予算で済む場合もあります。

メリット

メリットとしては、既製品のカーテンやカーテンレールを量販店やネットショップで買い求めて、カーテンの手直しやカーテンレールの設置までできれば工賃0円ですみます。

カーテン選びから設置まで行うと満足感、達成感も味わえるでしょう。

デメリット

自分好みで、価格にも満足できるカーテンをみつけだすまでに、かなりの時間と労力を費やすかもしれません。設置においても、新築の場合は自分でカーテンレール取り付け用のビスの穴をあける手間が必要です。

また、オーダーカーテンのようなフィット感は難しいといえます。

カーテン設置のコスト削減を考える!

予算と相談しながらゆずれること、ゆずれないことを整理していくとカーテン設置のコスト削減がみえてきます。

すべて新品が必要?

一生に一度の新築!カーテンレールとカーテン、新品でそろえたいのは当然です。しかし、実際にはサイズがピッタリ合うお気に入りのカーテンがあるかもしれません。

また、お部屋によってはそれほどこだわらなくてもいいという場合もあるかもしれません。統一感は大事ですが、あとで「もったいない」ということにならないようにケースバイケースで柔軟に対応しましょう。

プロに上手に依頼しよう

自分でやって気に入らず、あとからプロにお願いすれば余計な費用がかかり予算オーバーになるかもしれません。早い段階で予算を伝えてプロに依頼することで、自分でやれる範囲がわかってきます。

例えば「カーテンの採寸やカーテンレールの取り付けはプロにお願いして、カーテンの調達と取り付けは自分でやる」という具合です。

納得できる新築カーテン選び

新築で家を建てるということは、一生に一度の大きな買い物となります。新築のスタートをかざるカーテン選びが、いかに重要であるかをお伝えしてきましたが、少しでも参考にしていただければ幸いです。

オーダーカーテンならその家や部屋の雰囲気をガラッと変えることも可能です。カーテン専門のネットショップ、カーテンズでは豊富な品ぞろえとサイズのオーダーも可能です。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事