このエントリーをはてなブックマークに追加

新築住宅、カーテンの色選びポイント

新築住宅、カーテンの色選びポイント

新築住宅のカーテンは、どのような色を選ぶとよいのでしょうか。カーテンは壁の大きな面積を占めます。ポイントを押さえ、失敗しないカーテン選びをしましょう。

新築の床や壁の色を考えて選ぶ

カーテンの色選びでは、オーソドックスな方法です。床や壁の色にカーテンの色味を合わせるとお部屋全体にまとまりが出ます。

壁紙の色に合わせる

お部屋の壁はホワイト系の壁紙が多く使われています。壁の色に合わせたカーテンを選ぶことで空間に広がりを持たせることができ、その他のインテリアで彩を出すことができます。

床の色に合わせる

床の場合は、フローリングの色や畳の色、カーペット・ラグの色などさまざまな色が使われています。これを考慮した色味のカーテンを選ぶことで、部屋全体のインテリアに合ったものになるでしょう。

たとえば薄い色味のフローリングなら、カーテンに色味を持たせるとアクセントになって映えるでしょう。逆に濃い色味のフローリングなら、カーテンは薄いものを選び、部屋全体が重たくなりすぎないようにするのもポイントです。

お部屋の中心になるインテリアを考えて選ぶ

新築住宅では、それぞれのお部屋に個性を持たせたくなりますよね。各お部屋で何が中心になるのか、目立つ色にしたいのかを決め、それを考慮したカーテンを選ぶのも一つの方法です。

たとえばソファーが目立つ色・中心になるものであれば、カーテンは引き立て役となるよう、壁と同系色の色を選ぶようにする。逆にお部屋に中心となる色味がなければ、カーテンを中心とし部屋に彩りをあたえる。何を中心にするかが決まれば、カーテンの色も決めやすくなります。

お部屋の用途を考えて選ぶ

新築住宅を建てるとき、それぞれのお部屋の用途をあらかじめ決めていますよね。それぞれのお部屋をどのように使うのか、使用目的からカーテンの色を選ぶ方法もあります。

リビング

リビングはみんなの憩いの場。アースカラーと呼ばれる自然な色合いのベージュやカーキなどを含む茶色系の色を中心に選ぶことで、ずっといても疲れない、居心地のよい空間を作ることができます。

淡い色や透明感のある色味もよいでしょう。圧迫感を感じさせず、リビングに広がりを持たせることができます。

主寝室

主寝室は、一日の最後をゆっくりと眠りにつけるような落ち着いた暗めの色を選ぶとよいでしょう。

子供部屋

子供部屋は、子どもが小さいならかわいらしく明るい色を配色し、少し大きな子どもなら、勉強に集中できるような、落ち着きのある色を選ぶとよいでしょう。

和室

和室はリビング同様、アースカラーが合います。畳や木目の色に合わせた色のカーテンを選べば、心やすらぐ和の空間を演出できます。

家全体の統一感を考えて選ぶ

新築住宅、全体的に統一感を持たせたいと思う方もいますよね。そんな時は柄やデザインで各部屋に個性を持たせつつも、カーテンの色を同系色にすることで統一感をだすことができます。

レースカーテンを統一させる方法もあります。日中、カーテンは開け、レースカーテンのみを閉めていることが多いので、それぞれのお部屋の色味・柄が違っても、レースカーテンをそろえることで、統一感を持たせることができます。

あなたの新築住宅にあったカーテン

新築住宅に色を添えるカーテン。脇役にも主役にもなれるカーテン。お部屋の壁や床、インテリア、各お部屋の用途に合わせて選びましょう。色選びの基本を押さえれば、すてきな新生活をスタートさせることができますよ。

カーテン通販のカーテンズでは、多種多様な色柄のカーテンを取り扱っております。カーテンズのオーダーメイドで、あなたのお部屋の窓にぴったりのカーテンを見つけてみませんか?

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事