このエントリーをはてなブックマークに追加

新築住宅のカーテンの選び方、大事なポイントとは

新築住宅のカーテンの選び方、大事なポイントとは

新築住宅でのカーテンの選び方、つける場所や面積が多いため、いろいろ迷ってしまいますよね。ここでは、それぞれ条件にあったカーテン選びの大事なポイントをご紹介します。

新築住宅のカーテン選びは正しく測ることから

新築住宅において、カーテン選び方の基本は、まず各お部屋の窓のサイズを正しく知ることです。

カーテンレールの設置

新築の場合、カーテンレールから決めることができますよね。カーテンレールを正しく設置しておくことで、のちの配置トラブルを防ぐことができます。

まだ家具も家電も何もない家ですので、のちに設置するエアコンなどの位置に気を付けて、カーテンレールを付ける必要があります。

カーテンのサイズを知る

正しくカーテンレールを取り付けたら、次はカーテンです。窓のサイズ、カーテンレールのサイズを正確に測りましょう。窓の数も多く大変ではありますが、いざカーテンが届いたとき、長すぎたり短すぎたり、幅が足りなかったりしては再度注文なんてことに。

オーダー品のため、返品交換がきかないのが一般的です。決して安い買い物ではないカーテン。再度購入でお金も手間も取られることのないよう、正しくサイズを測ることが大事なポイントです。

新築住宅のカーテンは3つの視点で選ぶ

新築住宅において、カーテンの選び方にはどのような点に注意すればよいのでしょうか。3つの視点からみた選び方をご紹介します。

カーテンの機能性から考える

カーテンはインテリアの一部ですが、椅子やテーブル、棚などと同様にさまざまな機能があります。立地や窓の向き、日当たりなどを考慮した、機能性からカーテンを選んでみましょう。

遮光カーテンを使えば、外部や内部の光を通さず、防犯面などでプライバシーを守ることもできます。他にも、外からの音を吸収してくれる機能や、外気を入れず断熱の効果を持つカーテンなどもあります。

たとえばリビングではみんなが集まる場所なので、明るく開放感のあるカーテンを選ぶ。西日の強い部屋は、外の光をさえぎれる遮光カーテンを選ぶなど、お部屋の日当たり、日の入り方に考慮していくことも選び方のポイントです。

寝室には、外からの音が気にならないカーテンを選んでみてもよいですね。

お部屋の使用目的から考える

新築住宅それぞれのお部屋をどんな目的で、どんな人が使うのかを考えてカーテンを選ぶ方法もあります。

たとえばリビングはみんなが集う場所であるため、落ち着くことができるものを選ぶ。またお客様をもてなす空間でもあるため、高級感のあるカーテンを選ぶのもよいでしょう。

主寝室には、一日の最後をゆっくりと心穏やかになれるよう、暗めの落ち着いた色柄を選ぶ。子供部屋には、暗くなりすぎず光を取り入れてなど、部屋のシーンに合わせた選び方も一つの方法です。

お部屋のインテリアから考える

新築のお部屋に置く、家具やインテリアなどの色を考慮し、カーテンを選ぶことも必要でしょう。

お部屋に配置するソファーやダイニングセット、寝室のベッドカバーの色などに合わせて、同系色のカーテンを選んだり、家具の邪魔にならない色柄を選んでみるのも一つのポイントです。

シンプルな配色のお部屋なら、カーテンをさし色として使ってみるのもよいかもしれませんね。

あなたの新築住宅にあうカーテン選びのお手伝い

プライバシー保護のためにも新築住宅に一番に取り入れたいカーテン。正しく測り、カーテンの機能性、お部屋の用途やインテリアなど、それぞれのお部屋にあったカーテンの選び方をしましょう。

カーテン通販のカーテンズでは多種多様なカーテンを取り扱っております。カーテンズで新築住宅にぴったりのカーテンを見つけてみませんか?

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事