このエントリーをはてなブックマークに追加

新築マンションで気をつけたいオーダーカーテンの注文

新築マンションで気をつけたいオーダーカーテンの注文

新築マンションを購入してオーダーカーテンの購入を考える際には、気をつけておきたいことがあります。ただ漠然とカタログ等を眺めていくのではなく、効率的かつ慎重に選んでいきましょう。

オーダーカーテン注文の際のチェックポイント

オーダーカーテンは選べる生地の種類が多く、既製品よりも選択肢が広がることが利点です。しかし、たくさんありすぎて選びきれないという悩みにも繋がります。

オーダーカーテンを選ぶ際に整理しておきたいポイントをおさえておきましょう。

1.間取り図を見ながら検討する

オーダーカーテンを選ぶ際に、頭の中だけで考えているよりも、新築マンションの間取り図を見ながら検討しましょう。

情報を整理しやすく、マンションの部屋を視覚的にとらえることでイメージもしやすくなります。間取り図を広げて、どの部屋にカーテンが必要かを考えるところから始めましょう。

2.予算を決めておく

新築マンションで必要な物の中で、カーテンにどのくらいお金をかけられるのかを決めておきましょう。

特価などの言葉につられて安物を買って後悔したり、逆に、あれもこれもと欲張りすぎて予算オーバーになってしまう可能性があるからです。

3.各部屋ごとにイメージをふくらませる

カーテンを配置する部屋が、寝室なのかリビングなのか、または子ども部屋なのか客間なのかで、選ぶカーテンの生地、種類、デザインは変わってきます。

まずは、それぞれの部屋にどんな家具を配置したいのか、どんなテイストの部屋にしていきたいのかイメージを膨らませます。その後に、イメージした部屋にはどのようなカーテンが合うのか、生地やデザインを絞って考えていきましょう。

4.機能性を考える

最近は、遮光カーテンやミラーレース、防災加工などの機能性カーテンが増えてきました。

そのような機能を重視してカーテンを選ぶのか。それとも、部屋のテイストを重視して機能性よりもデザインで選ぶのか。部屋ごとに何を優先するのかでカーテンの種類を考えていきましょう。

5.スタイルを考える

厚手のドレープカーテンとレースカーテンのセットでつけるのか、ドレープだけ、レースだけにするのか。両開きにするのか、片開きにするのか。ヒダは1.5倍にするのか、2倍にするのか、またはフラットにするのか。フックはAフックを使うかBフックを使うか。

ブラインドやシェードという選択肢もありますので、そのような仕様も考えていきましょう。

6.サンプルを請求する

カタログやパソコンの画面で見ているだけでは、実際の生地の質感、色合いは正確にはわかりません。

これから長い期間を過ごす新築マンションのカーテンは、その部屋の印象だけでなく家全体、住んでいる人のイメージを決めてしまうほどの影響があります。気になったものはぜひサンプルを請求して自分の目で確かめましょう。

7.正確に採寸する

オーダーカーテンの魅力のひとつは、その窓にぴったりのサイズのカーテンを作ることができるという点です。

機能性カーテンなどは、窓とカーテンのサイズが合っていなければ、効果を十分に感じることができなくなる場合があります。そのためにも、サイズを正確に採寸する必要があります。

オーダーカーテンは信頼できるお店で

このようにいくつかのポイントをチェックすることで、無数にあるカーテン生地の種類から、新築マンションにあったカーテンを選ぶことができるようになります。

新築マンションにオーダーカーテンの購入をお考えの方は、豊富な生地と種類をそろえたカーテンズへぜひご相談ください。

自動計算でピッタリのサイズを計算するシステムや無料サンプル請求サービスもご用意しておりますので、初めての方でも安心してお選びいただけます。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事