このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしにおけるカーテンのサイズ選びのコツ

一人暮らしにおけるカーテンのサイズ選びのコツ

初めての一人暮らしで、カーテンを選ぶとき悩むのがサイズです。窓はお部屋によって大きさや形が違うので、カーテンのサイズも変わります。一人暮らしでもカーテンのサイズがしっかり選べるポイントをまとめました。

一人暮らし部屋のカーテンはどう選ぶ?

一般的なサイズのカーテンといっても、既製品では部屋に合わないことも。一人暮らしでは、防犯のためにも、しっかりと適したサイズのカーテンを選びましょう。

サイズ間違いなどカーテン選びに失敗しないためにも、入居後に窓のサイズを測ってから選ぶのがベストです。

ぴったりサイズのカーテンを選ぶための窓の測り方

カーテンの幅は、カーテンレールの長さより3~5%ほど長めにして、カーテンに少しゆとりをもたせましょう。

丈の長さは、窓やカーテンの種類により異なるので注意が必要です。

掃出し窓の場合

掃出し窓(床までつながった窓)は、窓枠の上ではなくカーテンレールに付いているランナー(カーテンを取り付ける部分)から床までを測ります。

その長さから1~2cmほど短くした長さがドレープカーテンの長さです。レースカーテンはさらに1cmほど短くすると見映えがよくなります。

腰窓の場合

腰窓(床までないタイプ)のドレープカーテンの場合は、ランナーから窓枠まで測ります。その長さに10~15cmほど足してください。レースカーテンも掃出し窓同様にドレープカーテンの長さから1~2cm短くします。

高さを測りましょう 図

出窓の場合

出窓は普通の窓に比べるとサイズを測るのが難しそうですが、横幅はほかの窓と同様にカーテンレールの長さを測り3~5%プラスします。出窓の窓沿いに付いているカーテンレールは、窓に沿って長さを測ってください。

丈は、カウンターのないタイプの出窓は、腰窓と同様、ランナーから窓枠までの長さに10~15cm足してください。カウンターのある窓は、カウンターのトップから1~2cm短くします。

サイズの測り方 出窓/窓沿いレールと壁沿いレールの場合

カーテンの取り付け方でサイズが変わる

カーテンレールによりカーテンの取り付け方がかわります。

レールをカーテンで覆う正面付けと、レールの下にカーテンを取り付ける天井付けがあります。どちらを選ぶかでカーテンのサイズも変わるためカーテンレールの確認が必要です。

アジャスターフックで長さを調整して、正面付けと天井付けを変えることが出来るものがありますが、カーテンの長さも上下するので注意が必要です。

カーテンの開き方の違い

カーテンの開き方には、両開きと片開きがあります。両開きが一般的ですが、家具などの配置状況で片開きにしたほうがいいケースもあるのでよく確認しましょう。

両開きは窓の半分のサイズのカーテンが2枚必要になります。片開きの場合は、窓の大きさのサイズが1枚です。注文の際、注意してください。

お部屋にピッタリのカーテンで快適な一人暮らし

快適な一人暮らしの第一歩となるお部屋の、カーテンの色やデザインにはこだわりたいもの。でも、既成のカーテンだとサイズが合わないことも多いでしょう。

カーテンズは創業55年の老舗メーカー。カーテンの品揃えも豊富なうえ、カーテンのサイズ自動計算もできてこだわりのカーテンのご注文にも親切に対応。あなたの一人暮らしをしっかりサポートします。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事