このエントリーをはてなブックマークに追加

子供部屋に遮光カーテン?風水から考える選び方

子供部屋に遮光カーテン?風水から考える選び方

子供部屋には不向きと言われることがある、遮光カーテン。風水の視点から、本当に子供部屋にとって不向きなのかをご紹介します。

朝の光のもつ陽のパワーを消す?遮光カーテン

遮光カーテンは、その名の通り光を遮断します。外からの明かりをお部屋の中に入れずに過ごしたい時には、とっても便利なカーテンです。

しかし、遮光カーテンを1日中閉め切った状態にすると、体は朝の光を浴びることができません。

風水では、朝の光にはエネルギーの源、陽の気が入っているとされていて、朝の光を浴びずにいると体は弱くなってしまいます。そのため、子供部屋に関わらず、遮光カーテンは難しい存在なのです。

体内時計の乱れ

本来、人間の体には大人も子供も体内時計というものがあり、朝は明るくなったら自然と起きて、夜は眠くなるというリズムができています。

遮光カーテンによって、昼夜の区別がはっきりしないことで、そのリズムを壊れ、体調が崩れやすくなるともいわれています。

遮光カーテンを使いたい場合

遮光カーテンも子供部屋にまったく不向き、というわけではありません。子供部屋の方角によっては、遮光カーテンを子供部屋に使うことでいいこともあるのです。

北側に子供部屋がつくれないとき

風水では子供部屋は、北側の静かで落ち着いて少し冷ためのお部屋が向いているとされています。暖かな南向きのお部屋や大きな窓のお部屋は、強い陽の気が入り集中力が散漫になりがちです。

しかし、立地条件や部屋の間取りによってどうしても北側に子供部屋が作れないことも。そんな時は、遮光カーテンで強い陽の気を少し遮ってあげた方が集中力が上がります。

夜寝る際は、あらかじめ少しだけ遮光カーテンの隙間を開けておくと、朝の光を浴びることもできます。

風水で見る子供部屋にぴったりのカーテン

子供は、常に心も体も成長しています。カーテンは、一見なんの関係もないように思えますが、風水で見てみると、なるほどと思うことがたくさん出てきます。

子供部屋のカーテンの選び方ひとつでお子さまの成長が変わってくるかもしれません。それでは、色や柄などを見ていきましょう。

子供部屋にオススメのカーテンカラー

風水で子供の集中力が上がるとされているカラーは青と黒です。小学生の子供には、そのままの色では少し強すぎるため、水色でもOK。

子供部屋の位置にもよりますが、派手めで濃い色の物は注意力も散漫になりやすいので避けた方がいいでしょう。

そして思春期になると、心の変動が盛んになってきます。そんな時は、黒の出番!真っ黒のカーテンだときつめなので、ポイントとして黒の入ったカーテンがオススメです。

少しずつ大人の考えが入ってくる頃になると、いろいろなことを考えて疲れやすくなることも。そこで自然な感じのベージュやグリーンを入れてあげると、癒しになり落ち着きを保てます。

また、お部屋の向きでも風水の運気アップのカラーは変わってきますので、子供部屋のレイアウトをきちんと把握しておくといいでしょう。

窓の向きに合わせたモチーフや柄を選びましょう

小さいころに子供部屋のカーテンを選ぶと、かわいいのを選んでしまいがち。子供の成長は早く、好みは変わってきますが、カーテンは、一年ごとに変えたりはしません。

そんな時は一度風水で、お部屋の窓の向きや周りの家具などと合わせてみましょう。

  • 南側の窓・・・太陽、星、三角の柄、花柄、ストライプ
  • 東、南東側の窓・・・植物柄、花柄、ストライプ、長方形
  • 北東、南西の窓・・・正方形、チェック柄、ボーダー柄、陶器柄
  • 西、北西側の窓・・・水玉、花柄、アーチ型、ジュエリー柄、陶器柄、正方形
  • 北側の窓・・・空の模様などの不規則な柄、波型、丸柄

風水をお部屋のインテリアと組み合わせて運気アップ

風水ですべてを陰と陽の関係を考えてそろえるのは、難しいかもしれません。しかし、子供部屋で簡単に取り入れられるカーテンなどは、適切なカラーや柄を知っておくと安心ですね。

今お持ちのインテリアのカラーと上手く組み合わせて選ぶと、気の流れも変わってきます。カーテンズでは、さまざまな組み合わせに対応したカーテンを多数ご用意。シングルやダブルなどカーテンの種類やサイズから簡単にサイズ計算できます。ぜひ、ご利用ください。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事