このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らし女性に最適なカーテンとは?

一人暮らし女性に最適なカーテンとは?

一人暮らしをする女性にとって、どのようなカーテンが必要なのでしょうか?新たな生活、どんなインテリアにしようかと夢が膨らみますが、今回は防犯上の視点からみたカーテン選びのポイントを紹介します。

女性の一人暮らしは“可愛い”だけでカーテンを選ばないこと!

女性の一人暮らしにおいて、外からも見ることのできるカーテンを誰が見ても女性が住んでいるとわかるものにするのはたいへん危険です。住人が女性だと、空き巣やストーカー、性犯罪など犯罪のターゲットになりかねません。

そこで、女性が一人暮らしを始めるにあたって重要なのが防犯対策です。

一人暮らし女性におすすめのカーテン

一人暮らしの女性が防犯を意識したカーテンとは、どのような点に注意をしなければいけないのでしょうか。

ひとつは女性が住んでいることがわからないようにすること。そして防犯意識が高いと感じさせる選び方が重要となります。

落ち着いた色のカーテンで住人の性別をわかりにくく

赤やピンク、花柄などのカーテンでは一目で女性が住んでいる判断されますよね。外からも見えるカーテンで明るい色柄を使っていると、性別やまた行動までも見抜かれてしまうかもしれません。

女性であっても、暗めの落ち着いた色柄を選ぶことで、住人の性別がわかりにくくなります。

遮光性のあるカーテンで家の中を見えにくく

カーテンが光を通すものだと室内の光が漏れ、生活が覗かれてしまう心配があります。生活パターンを見抜かれてしまい、空き巣の被害や性犯罪、ストーカー被害にもつながりかねません。

そこで、女性が一人暮らしをするときは、室内の光が外から見えない遮光カーテンがおすすめです。光を通さない遮光カーテンを使えば室内の様子がわからず、生活を覗かれることはありません。

日中も遮光カーテンを閉め切っていると室内が暗すぎると思うときは、ミラー加工付きのレースカーテンもあわせて使用するのもよいでしょう。

光の反射で外からは室内が見えにくくなっています。採光機能は普通のレースカーテンと変わらないので、日中はこのミラーレースカーテンで光を調節することができます。

カーテンに悩んでいるならカーテンズを

カーテンには部屋全体の雰囲気や広さを左右する重要な役割があります。一人暮らしの女性は、防犯を意識しつつも、部屋を広く見せるようなカーテンを選びましょう。今回ご紹介した色や機能性を考慮したカーテン選びを参考にしていただけたら幸いです。

カーテンズは豊富な色とサイズのカーテンをそろえています。一人暮らしにもピッタリなカーテンがすぐに見つかるはずです。カーテンズはあなたの新生活をお手伝いをします。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事