このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しないレースカーテンの測り方

失敗しないレースカーテンの測り方

表情豊かに窓辺を演出してくれるレースカーテン。サイズの測り方が重要とされ、購入前に必ずチェックしておきたいポイントです。

お部屋や窓にぴったりと合ったレースカーテンを選んでお部屋の印象をさらにセンスアップしましょう。

種類豊富で、多彩な機能

繊細なレースのカーテンが光を受け、風に揺らぐ様子を眺めているだけでホッとします。

一般的に厚地カーテンと組み合わせて使いますが、窓の形状によっては、1枚使いでも充分活躍してくれるレースカーテンもあります。

カラーや素材、柄など、豊富なデザイン、そして多彩な機能も魅力!目隠し効果や紫外線カット、冷暖房の節約に有効な遮熱タイプなど、用途に合わせて選べます。

また、お部屋では明るく過ごしたいけど、家具を紫外線で焼きたくないという方にもレースカーテンはおすすめです。

ぴったりサイズを選んで心地よいお部屋に

花粉キャッチレースカーテン|ミリアム

窓の種類や大きさ、用途によって異なりますが、厚地カーテンとの2重使いの場合、厚地カーテンと同じサイズにはせずに、レースカーテンのサイズを調整することで、魅力的に窓を飾ることができます。

間違ったサイズを選んでしまうと、厚地カーテンとのバランスが悪くなり、不快な空間になってしまう恐れもあります。

レースカーテンならではの特徴を活かせるように正しい採寸を行いましょう。

横幅と高さを測ってベストサイズを算出

まずは、カーテンレールの横幅を測ります。レールの両端にある固定のランナーとランナーの横幅を測れば、レースカーテンの横幅が出ます。

その横幅に約5%を足した幅がレースカーテンの仕上がり幅です。(幅サイズ×1.05)

レールと同じサイズだと、カーテンがきれいに閉まらない、美しいドレープが決まらないなどの難点が出てしまいます。サイズに少し余裕を持たせることで、カーテン本来の機能美が生かされてくるのです。

両開きの場合は、注文幅を二等分にします。そのため、幅サイズ×1.05÷2で計算し、2枚分を注文しましょう。

また、レールには、通常と装飾の2つのタイプがありますが、どちらも同様に測ります。

レールの測り方

高さはプラスαでサイズ調整

注意すべきは、高さを測る場合です。窓の形状によっても調整するサイズが変わります。床まである大型の『掃き出し窓』の場合、ランナーから床上2㎝がベストです。

また、腰から上にある『腰窓』の場合は、窓枠の下までを測り、そこからプラス14㎝がベストサイズになります。ただし、採寸時に冷暖房や家具等の配置を考えて、サイズを算出すると安心です。

出窓に定番!レースカーテンの測り方

サイズを測ることが難しいイメージの出窓ですが、コツさえつかめば、簡単に正確なサイズを出すことが出来ます。

窓沿いレールの場合、横幅は、カーブに沿ってランナーから反対側のランナーまでを測ります。高さは、レールのランナーの穴からカウンタートップまでの高さから2cmマイナスになります。

測り方は掃き出し窓と同様です。また、壁沿いレールの場合、横幅は通常の測り方と同様に、左右両端の固定されたランナーとランナーの幅をまっすぐに測ります。高さは、腰窓と同様に、ランナーの穴からカウンタートップまでの高さに14㎝をプラスしましょう。

どちらも横幅サイズには、約5%を足します。(横幅サイズ×1.05)

サイズの測り方 出窓/窓沿いレールと壁沿いレールの場合

自己採寸に自信がない方も安心のカーテンズ

機能性はもちろん、バラエティ豊かな柄やデザイン、素材まで、ありとあらゆるレースカーテンが豊富に揃うカーテンカーテンズ。

「サイズの測り方が苦手」という方もクリック&入力するだけで、簡単に算出できるシステムを完備しています。カーテンを作り続けて55年の専門メーカーとして、品質にもこだわった選りすぐりのレースカーテンをお届けします。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事