このエントリーをはてなブックマークに追加

腰窓のカーテンの測り方を知って魅力的なお部屋に!

腰窓のカーテンの測り方を知って魅力的なお部屋に!

腰窓をグレードアップするカーテン選びには測り方を正しく知ることが大切です。

採光や換気などの機能面はもちろん、インテリアとしても重要な役割を担っている腰窓から、快適なお部屋づくりを楽しみましょう。

カーテンでお部屋の印象もアップ!

住居に合わせてさまざまな形の窓があります。なかでも腰窓は、子ども部屋や寝室、リビングやキッチンなど、さまざまな場所にあり、最も生活に密着した窓といえます。

窓を彩るカーテンも自分らしい個性をいかした厚地カーテンはもちろん、レースと合わせて雰囲気を楽しんだり、季節に合わせて模様替えをしたり。気分に合わせて手軽にチェンジできるのも魅力といえるでしょう。

サイズ計算はコツを知って簡単に

カーテンをセンス良く飾ることで、お部屋の印象も変わり、心地よい空間を演出できます。

カーテン選びで最も重要なのが横幅と高さのサイズを知ることです。正確に測ることができれば、快適なお部屋づくりが実現します。

1.カーテンレールの横幅を測る

まずは、カーテンレールの横幅から測りましょう。レールの長さによってカーテンの横幅が決まります。

レールには、ランナーと呼ばれる、カーテンのフックをかける輪のようなものが付いています。測る範囲は、両端に固定されているランナーとランナーまでの長さになります。

また、一般的なレールと装飾のレールがありますが、どちらも同様の手順で測りましょう。

レールの測り方

2.プラス5%で仕上がり幅が決定

サイズが出たらその長さに約5%足した長さが仕上がり幅になります。

窓枠と同じサイズのカーテンを選んでしまった場合、きちんと閉まらなかったり、美しいドレープが生まれなかったりと、カーテン本来の魅力が損なわれてしまいます。

そのため、5%ほど長くしたサイズが仕上がり幅になります。(カーテンレールの長さ×1.05)
両開きの場合は、幅サイズ×1.05÷2で計算して、2枚注文しましょう。

3.高さを測り、好みで仕上がりサイズの調整を

次にカーテンレールのランナーの穴から窓枠下までの長さを測りましょう。腰窓の場合、窓枠の下より15㎝プラスして測ります。

ここで注意する点は、裾部分です。腰窓の下に暖房機器や、チェストやソファなどの家具等を配置する場合は、全体的なバランスや、安全面を考えながらサイズを調整しましょう。

特に、高さはお部屋の雰囲気を左右する重要なポイントです。イメージをふくらませて、慎重にサイズを選びましょう。

既存のサイズがない場合は、オーダーカーテンになります。自由な発想で、理想の形が実現できるオーダーの場合もきちんと正確なサイズを知っておくと、注文する際にスムーズです。

出窓 高さ 測り方

カーテンズならクリック&入力するだけ

なんだか計算が難しそう、間違って注文したらどうしょう、など気に入ったデザインがあってもカーテンを通販というだけでためらっていませんか?

創業55年のカーテン専門店のカーテンズでは、そんなお客様のお悩みもスムーズに解決します。カーテンの種類や、窓のタイプ、カーテンの枚数をクリックして、レールの横幅と高さを入力するだけでOK!簡単におすすめのサイズを算出します。

ご質問もお気軽にどうぞ!満足のいくカーテンで、自分らしい快適な空間をつくりましょう。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事