このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンの採寸とメジャーの扱い方

自分でやろう!素敵なカーテンの採寸とメジャーの扱い方!

採寸のために必要なメジャーの種類や選び方、そしてプロもやっている一人でもできる採寸のためのメジャーの扱い方をご紹介。

自分好みのカーテンでお部屋のコーディネートをお考えの方は必見です。

採寸のためのメジャー

メジャーイメージ

ここでは正確なカーテンの採寸に欠かせない誤差の少ないメジャーについて見ていきましょう。

メジャーが家にある場合

はじめに確認したいのが、何メートルのメジャーなのかという点です。

例えば、カーテンの幅を採寸する場合にはメジャーはそれ以上の十分な長さが必要です。つぎはぎの採寸では、たるんだり短かかったりと正確な採寸ができません。

次に、メジャーの材質を確認します。

金属製がベストですが、さびや汚れも付きやすいのでしっかりときれいにしておきましょう。

メジャーを購入する場合

「めったに使わないのにわざわざ買うのはもったいない」と思うかもしれませんが、あれば便利!

例えばカーテンの採寸にはもちろん、家具や家電製品を買いたいときや、お部屋のレイアウトを確認するときなど役に立つ場面は多くあります。

JISマーク(日本工業規格)付きで5メートル前後のメジャーを準備できれば、だいたいのシチュエーションに対応できるでしょう。

一人で採寸する場合

二人いれば簡単に測れるのですが、一人でカーテンの採寸をとなるとメジャーの扱いに慣れていないとなかなか難しいものです。

そこで、一人でもできる採寸の方法をご紹介します。

カーテン幅の採寸

取り付けるカーテンレールが、「機能レールか?」「装飾レールか?」「正面付か?」「天井付か?」によって窓枠の外側と外側を基準にするのか、窓枠の内側と内側を基準にするのか変わってきますが、ここでは外外と内内のメジャーの扱い方をみていきます。

外外の場合はメジャーの先端にある引っ掛ける金具を窓枠の外に引っ掛けて、反対側の外まで真ん中あたりに手を添えて真ん中が下がらないようにしながら測ります。

内内の場合は先端の金具を窓枠の内側に押し付ける感じで、同じように手を添えながら伸ばして測ります。

カーテン高さの採寸

メジャーで高さを測る場合はカーテンレールの下までになりますが、メジャーを上から下に伸ばすよりは、下から上に伸ばした方が測りやすいです。

メジャーの先端を軽く下に押し付けながら、同じように真ん中あたりに手を添えて伸ばしていきますが、上に伸ばしたメジャー本体の方を下に向けて、逆Uの字を作りメジャーを伸ばしていくと逆Uの先端がまっすぐ上に伸びていくので、コツをつかめば脚立や台を使わなくても一人で測れます。

一人で採寸!カーテンコーディネートの第一歩!

自分のお部屋を素敵にカーテンコーディネートするための基本中の基本!カーテン採寸のためのメジャーの扱い方、測り方を紹介しました。

カーテン専門のネットショップカーテンズでは豊富な品ぞろえで、カーテン採寸用の専用メジャーも販売しています。いつものお部屋がより素敵な空間になる、ピッタリのカーテンをぜひ見つけてみてください。


カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事