このエントリーをはてなブックマークに追加

カーテンコーディネートのための失敗しない採寸方法

カーテンコーディネートのための失敗しない採寸方法

カーテンを採寸したいけど、どの部分を測ればいいの?レールが先?カーテンが先?

経験や知識がない方でも失敗しない、カーテンの採寸方法教えます。

まずは、カーテンレールをみてみよう

レールが付く前にカーテンを採寸する方法もありますが、初心者の方には、付いているカーテンレールの種類を確認してから採寸する方法がおすすめです。

カーテンレールの種類

カーテンレールは大きく分けて「機能レール」と「装飾レール」に分けられます。

お部屋のカーテンレールの種類、レールの付き方(正面付、天井付)によって、カーテンの採寸方法は変わってきます。

カーテンレールを自分で付ける場合

カーテンレールを正面付にする場合には、エアコンの位置等も考えてバランスをとるときれいです。

この方法が難しいと感じたら、機能レールの天井付がおすすめです。窓枠の内側と内側を測って、5㎜ずつ内側に入れ込むだけなので簡単に位置を決めることができます。

カーテン幅の採寸方法

正しい採寸方法を実践するために金属製の長めのメジャーか、カーテン採寸用の専用メジャーを準備しましょう。

機能レールの採寸方法

カーテンレールには「ランナー」と言う部品がありますが両端にストッパーが付いていて、フックを引っ掛けるために輪が付いており、この両端のストッパーの輪の中心から輪の中心までの長さが基準になります。

装飾レールの採寸方法

同じように「ランナー」のストッパーの輪の間隔を測りますが、装飾レールではストッパーの輪の外側から外側の長さが基準になります。
カーテンレールの幅を測らないように注意しましょう。

レールの測り方

基準とカーテン幅の違い

両方のレールに言えることですが、あくまでも基準であってカーテンの幅ではないことを覚えておいてください。

既製カーテンの場合は基準より少し長めのものを選びましょう。また、カーテンをオーダーする場合はカーテンのタイプや材質によりカーテン幅は変わってきますので、それぞれの基準の数値をみて注文すると良いでしょう。

カーテン高(丈)の採寸方法

カーテン高(丈)はお部屋の状況で臨機応変に決めることも必要になります。

採寸方法は両方とも同じ

カーテン高(丈)の採寸方法は、機能レールも装飾レールも同じように「ランナー」のストッパーの輪の下側から窓枠の下面(底面)までの高さが基準になります。

カーテンレールの下から測らないように注意しましょう。

高さを測りましょう 図

窓の違いとカーテン高(丈)

掃き出し窓と腰高窓でカーテン高(丈)の基本的な出し方が変わってきます。

掃き出し窓の場合は基準から-1㎝がカーテン高(丈)となり、腰高窓の場合は基準+15㎝から20㎝がカーテン高(丈)になります。

カーテンの長さで変わる印象

腰高窓の下に整理タンス等の家具を置いている場合は家具と干渉しあわないようにカーテン高(丈)を短めにしてみると、見た目もすっきりします。

あまり短くすると、斜光の漏れが出てきて家具等の変色にもつながるので注意が必要です。

カーテン高(丈)はアジャスター機能の付いたフックを選ぶと、数㎝上げることもできるので、長いと感じたときは利用してみてはいかがでしょうか。

採寸のあとは、カーテン選び

基本的にはカーテンレールのランナーのストッパーの輪!ここを押さえたカーテンの採寸方法を実践すれば、失敗はありません。

カーテン専門のネットショップ カーテンズでは、豊富な品ぞろえと、自動計算であなたのお部屋にぴったりのカーテンをオーダーすることができます。

サイズもデザインもお部屋に合ったものを選んで、お気に入りのお部屋をもっと素敵にコーディネートしましょう。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事