このエントリーをはてなブックマークに追加

防音カーテンを買う前に知っておきたい効果や使い方

防音カーテンを買う前に知っておきたい効果や使い方

防音カーテンにはどのような効果があるのでしょうか?防音カーテンの効果的な使い方や選び方など、防音カーテンを買う前に知っておきたいことをご紹介します。

防音カーテンの効果とは?

「防音カーテン」は音が通りにくい素材や織り方でつくられているので、防音性が期待できます。

線路や大通りの近くに部屋があり、外で発生した音が気になる方にも防音カーテンを選ぶといいでしょう。

音の侵入をある程度防ぐことができるので、あまり外の音が気にならなくなります。

さらに、お部屋での話し声やテレビの音を外に漏らさないというメリットも。お部屋の音は意外とベランダに出ていくものなので、防音カーテンで極力音漏れを防げます。

防音カーテンは中高音域に効果あり!

防音カーテンが防げるのは、主に中高音域です。人の話し声より高い音域で大きな効果を発揮します。例えば、電車や自動車の通過音には多くの中高音域が含まれています。

工事現場で発生する音もうるさいと思う音も主に中高音域に含まれているので、防音カーテンを利用することで電車や自動車、工事現場で発生する音の侵入を抑えることも可能です。

また、部屋での話し声や映画鑑賞、ピアノの演奏も中高音域なので、防音カーテンはある程度の生活音を防ぐことができるといえます。

防音カーテンの効果的な使い方

防音カーテンの防音性を高める方法を知ることで、防音カーテンの効果を飛躍的に上げることができます。手っ取り早く防音性を高める方法はカーテンと窓の隙間をなるべくなくすことです。

隙間が大きいと、お部屋に音がもれて防音効果が下がってしまいます。隙間を小さくすることで窓から伝わる音の多くが防音カーテンに吸収されるので、防音効果が向上するのです。

また、カーテンにギャザーを寄せずに窓にピッタリとくっつけるようにすると、カーテンと窓の隙間を少なくすることができます。

窓より大きいサイズの防音カーテンを選ぶことも重要です。カーテンのサイズが小さいと、窓から伝わる音がお部屋に漏れてしまい、防音効率が著しく低下してしまうからです。

カーテンの横や床の部分に隙間ができないようにピンで留めるとより防音効果が上がります。

防音カーテンの選び方

ももちゃん(PK) 

防音カーテンはまだまだ多いとは言えませんが、現在は複数の防音カーテンが販売されています。その中から、自分のお部屋や使用用途に適したカーテンを選ばなければなりません。

しかし、カタログや商品説明には防音性を比較できる数値などは載せられておらず、防音性の高いカーテンを確実に選ぶことは難しいのが現状です。

そこで重要なのが口コミ情報。防音性というのはある程度感覚に委ねられるものなので、実際に使ったことがある人からの情報が重要になります。

ただ、口コミには否定的な意見が多くあり、そのほとんどが防音カーテンを正しく使えていないことからくる意見です。

しっかりとした情報を見極めて、上手に防音カーテンを選びましょう。

防音カーテンをネットショップでかんたん購入!

ドレープカーテン

防音カーテンだけではなく、様々な機能がついた機能性カーテンは部屋の使い方を考えながら選ぶことが大切です。

カーテン専門のネットショップ「カーテンズ」では、豊富な種類のカーテンが揃っており、カラーバリエーションもあり、サイズのオーダーも可能なので自分のお部屋に適したカーテンを見つけやすくなっています。

デザインだけではなく、機能性も考えたカーテン選びで快適な生活を送りましょう。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事