このエントリーをはてなブックマークに追加

防音カーテンで車の音を遮ることができる?

防音カーテンで車の音を遮ることができるのか?

防音カーテンで車の音をどのくらい抑えることができるのでしょうか?

防音窓や防音材など、防音に関するグッズはたくさんありますが、ここでは防音カーテンが車の音に対してどれほど効果を発揮するのかをみていきましょう。

車の音は生活するうえでの大きな悩み・・・

大通りに面したお家やお部屋にお住いの方の大きな悩みのひとつに車の音が挙げられます。

特にビルや住宅に囲まれた道路だと車の音が反響してより大きな音となってお部屋に伝わってくるので、生活するうえでも支障がでてしまいます。

車が通るたびにテレビの音が聞こえなくなったり、夜の寝つきが悪くなったり、できるなら今すぐ解消したいものです。

そこで重要なのが防音対策。最近では賃貸住宅でも簡単にできる防音対策が増えています。

防音カーテンを正しく使って、効果実感!

防音カーテンを買っても全然効果が感じられない!といった意見や口コミが多く出ていますが、多くの場合、正しい使い方をしていないから効果が発揮されていないのです。

防音カーテンを取り付けているからといって、必ずしも防音できるわけではありません。防音カーテンを正しく使って、最大限の効果を引き出しましょう。

隙間を少なく!

一般的なカーテンを使った防音方法でも同じことですが、窓を完全に覆うことができるサイズのカーテンを選び、窓部分を密閉するような取り付け方をしましょう。

もちろん、カーテンレールの部分も密閉させた方が防音効果は上がります。

音は少しの隙間からでも伝わってくるので、できるかぎり隙間をなくすことが重要です。

他の防音グッズと併せて使う!

他の防音グッズと併用することで、遮音性を高めます。この場合は、防音レースカーテンや窓に貼り付ける防音シートがおすすめです。

二重に防音することができるうえ、防音できる音の種類や高さが異なることが多いので、より多くの音を吸収してくれます。

また、防音シートは窓に直接貼るので、窓の防音性を上げることができます。カーテンと違って隙間を意識する必要もないので、窓を開けていない限り高い防音パフォーマンスを発揮してくれます。

防音カーテンでも車の音に効果あり!

車イメージ

防音カーテンが防音効果を発揮するのは、低音域ではなく人間の話し声より高い中高音域ですが、車の音は低音域を多く含んでいます。

低音域は、建物全体に振動として伝わるので防音カーテンで防ぐことは難しいと考えられています。しかし、使ってみると意外と車の音が気にならなくなったという意見も。

人の耳は、あまりにも大きな音でなければ低音はそれほど気にならないようで、むしろ高音域は小さな音でも気になってしまいます。虫の羽音や人の話し声が気になるのもそのためです。

防音カーテンによって車から発せられる中高音域が防音され、残った低音域はあまり気にならないから車の音にも効果があるのだと考えられます。

車の音の防音カーテンなら「カーテンズ」におまかせ

厚地カーテン|シュガーベージュ

防音カーテンでも、車の音をある程度防音することができます。なるべく防音性の高いカーテンを選ぶことが大切ですが、防音性を基準に選ぶことは難しく、実際にインテリアショップに行っても品揃えがよくないうえ、その効果を体感することはできません。

カーテン専門ネットショップの「カーテンズ」は、デザインだけではなく機能性カーテンもそろえています。色、デザイン、機能性など欲しいカーテンをぜひ見つけてください。

カーテンズバナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事